2009年01月12日

結婚式からチマチョゴリが消えていく

結婚式とチマチョゴリの話を書く。
在日韓国・朝鮮人の結婚式というと、民族衣装の
チョゴリを着た女性を見かけたものだった。
だが、いつのまにかチョゴリを着た女性を見かけなくなった。 
最後に見かけたのはいつのころだったか。10年以上前だろう。
最近、在日韓国・朝鮮人にかかわる結婚式がないわけではない。
だが花嫁はウエディングドレスを着ていることが多い。

最近、私が出席した結婚式は、日本人との結婚式、
あるいは帰化した人間と日本人の結婚式であることが多い。
年齢は20歳代で3世、あるいは4世である。
場所は、全国展開しているような普通の結婚式場だ。
衣装も、結婚式場が用意しているものを借りているのだろう。
チョゴリに対するこだわりもなくなっているようだ。

長い年月がたつにつれ、色とりどりのチョゴリを着て
とにかく嬉しそうに披露宴に出席していた
1世や2世のおばちゃんもいなくなっている。
こっちのほうがチョゴリを見かけなくなった
大きな理由かもしれない。

これから何度、チョゴリを目にすることがあるのだろうか。
結婚式で幸せそうな顔を一緒にチョゴリを見たら
こっちも楽しい気持ちになるんだろう。

ここからはコメントに関するお願いです。
最初にコメントを書かれる際には、
自己紹介を一緒に書いてもらえないでしょうか。
年齢とか、学生なのか社会人なのか、簡単な考え方とか、
なぜ在日に興味を持つのかとか、そういったことです。
ご自身のblog、ブログがあるなら紹介してもらえるとありがたいです。

理由は、私がこのblog、ブログへの関心を高めることができる、
という個人的なものです。
とりあえずしばらくは継続したいので、皆さんのご協力をお願いします。
コメントの内容をさらに深く理解するヒントにもなると思います。

もちろん、無理に自己紹介をお書きになる必要はありません。
その場合は、書きたいことだけをお書きになってください。
あくまでも私からのお願いです。よろしくお願いします。

また書き込む際の名前は同じにしてもらえるとありがたいです。

いろいろな話を書いています。よければほかの話も読んでください。
posted by knj at 11:47| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
knjさん、お久しぶりです。
ブログを続けて頂いて嬉しいです。

>在日韓国・朝鮮人の結婚式というと、民族衣装のチョゴリを着た女性を見かけたものだった。

 昨日、晴れ着を着て成人式を迎えた多くの映像がニュースから流れ、ある市では滞日中の中国人も参加し、皆で写真を撮り合う楽しそうな様子を見ました。

 国によって、若者を祝う年齢と意味は多少異るかもしれませんが、誰にも訪れる20歳を祝う気持ちから、その市は招待なさったのだと思いました。

 それを見ながら、税金を払っている在日の韓国の方々は何故参加されていないのか不思議な気がしました。
もしあの中に、チマチョゴリを着た成人の方々もいたら、日本人が広く大きな平和思想を持っている証なのじゃないかと、いつかそんな日がきて欲しいと感じながら見ていました。

 どの国の民族衣装もその国民を真から誇らしく美しくしてくれるものだろうと思いますが、それを作り上げた人々の感性の素晴らしさが私は好きです。

 30年以上も前、日本で行われた韓国の方の結婚式に私と母が招待を頂き、私は子供の頃から着物が好きで、ウールの普段着、藍染のゆかた、紬、色無地などシンプルなものばかりを好んで着ていましたが、その時は、母と揃って付け下げで出席しました。

 式の途中、韓国のチマチョゴリを着た方々が中央で踊り始め、当時は韓国の舞踊を映像で見る機会もそうそうなかったはずなのに、民謡舞踊をしていた母は人前で踊るのは慣れていたのでしょう、体調不良で座っているのが精一杯だった私にかまわず、輪の中に入って見よう見まねでリズムに合わせて踊っていました。民族を越えて、門出を祝う気持ちのみで踊っている大勢の姿がとても平和に感じました。

 いま、仕事の合間の息抜きなので、簡単に感想を書かせていただきました。

 花へのaoさんから質問(?)もあったようですが、時間がゆっくり取れる時、ご主旨をしっかり掌握した上で、コメントをさせて頂いてもよろしいですか?


Posted by 花 at 2009年01月13日 21:20
すみませんm(__)m
認証コードを試していたら2度も送信して仕舞いました。削除をお願いしたいのですが、
宜しくお願いします。失礼致しました。
Posted by 花 at 2009年01月13日 21:57
>花さん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございました。二重投稿になっていたものは削除しました。

> それを見ながら、税金を払っている在日の韓国の方々は何故参加されていないのか不思議な気がしました。
もしあの中に、チマチョゴリを着た成人の方々もいたら、日本人が広く大きな平和思想を持っている証なのじゃないかと、いつかそんな日がきて欲しいと感じながら見ていました。

私は、チョゴリを着て成人式に出席している女性をテレビで見ました。自治体の主催する成人式には参加していると思います。書きながら思い出しましたが、私にも成人式の案内は届いた気がします。かなり前のことになりますが、当時はまだ帰化していなかったので韓国籍でした。

お仕事、あまりご無理されないようにご自愛ください。

> 花へのaoさんから質問(?)もあったようですが、時間がゆっくり取れる時、ご主旨をしっかり掌握した上で、コメントをさせて頂いてもよろしいですか?
花さんのご判断にお任せします。
Posted by knj at 2009年01月15日 08:51
knjさん

>私は、チョゴリを着て成人式に出席している女性をテレビで見ました。自治体の主催する成人式には参加していると思います。

 早々にコメント有難うございます。
 私の記憶は、数えて見たら30年以上も前のことでした。すみません。
 当時、韓国籍の友人から、成人式は日本人だけのものと知った時、同時に私自身が、歴史にあった事実を何も知らなかったことや無意識に持っているだろう偏見や差別が現実にあるとことも知り、それがどれ程人を傷つけるかを知り、日本人として、人としての自分が恥ずかしくて辛くて、回りからどんなに優しい言葉をかけられても、自分の置かれた現状にものすごく傷ついていたことばかりが意識の中に残っていました。

 今はやっと少しは視点も広がり、多少の困難も乗り越えられるようになっていますが、
このブログに出会ってから、自分が心底望んでいるのは、自分に残っていた辛さから逃げたいのかもしれませんが、誰もが傷つかず平和でいて欲しいことだと、自分にできることだけは自分で責任を持ってしていようと、自分の中の封印を解いていこうとしています。

 
>> 花へのaoさんから質問(?)もあったようですが、時間がゆっくり取れる時、ご主旨をしっかり掌握した上で、コメントをさせて頂いてもよろしいですか?
>花さんのご判断にお任せします。

有難うございます。
 考えたら、質問(?)されていたわけではないんでしたね。(苦笑)

 実は、悦にいっている暇も気もないし、日本人を悪くばかり言う気はないしとだけ気になっていました。
 以前アキレスさんにもあった、私ではなく、日本人が『優しい』ことも知っていますし、その優しい日本を誇りたいからこそ、誤魔化しのない、現実にある、あったことは認め、同時に他者の良い点も同じだけ認めて仲良くしていたい、とただそれだけです。
 
 
Posted by 花 at 2009年01月16日 16:11
knj様

初めまして。海野と申します。年齢はknj様より一回りくらい年長でしょうか。明治以降の日本・朝鮮の関係史に興味があります。
さて、knj様の母方の祖父母、母上、母上のご兄弟ならびにお父上も日本に朝鮮戦争を逃れて密航したと記述があります。
正規に入国をしていなければ、日本では存在しない人間であり、社会生活の上で極めて多くの不都合(就学、就職、資格取得や社会保障など)が生じることとなるはずです。
knj様のお宅は日本に帰化するまでの間、いかなる滞在資格で日本に滞在しておられたのでしょうか?
帰化するに当たって、渡航の経緯や上陸年月日などを聞かれる、あるいはその証明を要求されると思いますが、渡日が密航である旨を述べたのでしょうか?

一方韓国側にしてみれば、knj様のご家族は不正な出国ですから、本来存在しているべき人間なはずです。しかしながら韓国国民として果たすべき義務(納税や兵役など)を果たさなかったことについて何らかの問責や訴追などは無かったのでしょうか?

お答えになれる範囲でご教授いただければ誠に幸甚です。
Posted by 海野 at 2009年01月18日 17:42
>花さん
またしてもコメントありがとうございます。ゆったりと進んで行ければいいと思います。

>海野さん
はじめまして、コメントありがとうございます。

>knj様のお宅は日本に帰化するまでの間、いかなる滞在資格で日本に滞在しておられたのでしょうか?
>帰化するに当たって、渡航の経緯や上陸年月日などを聞かれる、あるいはその証明を要求されると思いますが、渡日が密航である旨を述べたのでしょうか?

お、「さて」で、いきなりの質問ですね。申し訳ないのですが、帰化したころの私はまだ学生で、実際の作業は親が進めていたんですよ。だから何がどうなっているのか分かりません。この種のご質問が海野さんの目的であれば、もっとほかの方に質問されるか、いろいろなものを調べられるのがよいかと思います。

>さて、knj様の母方の祖父母、母上、母上のご兄弟ならびにお父上も日本に朝鮮戦争を逃れて密航したと記述があります。

いろいろとこのblogを読んでいただきまして、ありがとうございます。ただ、ここは少しだけ違います。父は別に朝鮮戦争を逃れて日本に来たわけではないです。
詳しくは、「両親の経験で在日の私は国を信じなくなった」に書いた通りです。
http://pknj.seesaa.net/article/2150186.html

>正規に入国をしていなければ、日本では存在しない人間であり、社会生活の上で極めて多くの不都合(就学、就職、資格取得や社会保障など)が生じることとなるはずです。

少なくとも私の両親が、いろいろな不都合を感じながら日本で暮らしていた可能性はあります。ですが、隠れて暮らしていたわけではないです。外国人登録証明書も持ってました。

>一方韓国側にしてみれば、knj様のご家族は不正な出国ですから、本来存在しているべき人間なはずです。しかしながら韓国国民として果たすべき義務(納税や兵役など)を果たさなかったことについて何らかの問責や訴追などは無かったのでしょうか?

申し訳ありませんが、これについても何があったのかは、分かりません。

そのうちきちんと書くかもしれませんが、私はあまり「はず」や「べき」な人間であろうとは思いません。ここに生きていることから、自分について考え、行動したいと考えています。

あまりお役に立てずきちん申し訳ないですね。
Posted by knj at 2009年01月22日 01:37
>海野さん

「『在日一世の記憶』の分厚さに驚き、とりあえずの感想を書いてみる」という話を書きました。
http://pknj.seesaa.net/article/113156986.html
よろしければお読み下さい。
Posted by knj at 2009年01月25日 23:10
>実は、悦にいっている暇も気もないし、日本人を悪くばかり言う気はないしとだけ気になっていました。

十分に暇も気もあったと思いますし、日本人を悪くばかり言っていましたよ。

>以前アキレスさんにもあった、私ではなく、日本人が『優しい』ことも知っていますし、その優しい日本を誇りたいからこそ、誤魔化しのない、現実にある、あったことは認め、同時に他者の良い点も同じだけ認めて仲良くしていたい、とただそれだけです。

誤魔化しのない現実にあったこととはなんですか?詳しく教えていただけますか?

また、韓国人が日本の過去の悪い点をことさらに強調し、良い点については全く認めていないことについてはどう思われていますか?

Posted by ao at 2009年01月30日 20:03
>aoさん、さらにコメントどうも。

最初にコメントをお書きになられたのが2008年の10月ですから3カ月としばらくぶりですね。このblog、ブログに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

管理人として、あまり激しい調子で議論を挑まれるのは好ましくはないと思います。私個人の考えですが、今のaoさんがお書きになっていらっしゃるようなスタイルでは、他者と「自分はどのように関わっていけるのか、いったいどうしたら分かり合えるのか、真剣に模索してい」くのに不要な手間と時間がかかると思います。お気に障ったら申し訳ありません。
Posted by knj at 2009年01月31日 12:13
>最初にコメントをお書きになられたのが2008年の10月ですから3カ月としばらくぶりですね。このblog、ブログに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

在日の方が日本に住んでいながらどうして在日であることにこだわっているのか、参政権の問題や拉致の問題などどう考えたらいいのかがよくわからなくてそれで当時在日の方のブログをいろいろと読んでいました。

その時に花さんのあまりも傲慢っぷりに一言いわずにいられなくなったのでコメントしたまでです。

激しい調子で議論したいわけではありません。花さんもknjさんもおとぼけが激しいのでこちらの突っ込みが同じ程度激しくなるだけです。
Posted by ao at 2009年01月31日 13:55
knjさん

私の一連のコメントを「激しい論調で議論を挑んでいる」と印象付けられたことがとても残念です。

今日、今一度、私が最初にコメントを書くきっかけとなった、「在日韓国・朝鮮人の今を考えたり考えなかったりする2冊、立ち読みの感想」に対するコメント欄を全体的に読み返してみて、はっきりわかりました。

花さんだけでなくknjさんも傲慢な方なのだと。

このブログのタイトルは「在日2.5世の〜」ですよね。であれば在日の問題に関していろいろ調べていたり、興味をもっていたり、あるいは反感、好感を持っている人が訪れるのは当然です。

たくさんの方が日本人側からみた在日の問題に関してストレートに疑問をぶつけたり、コメントを残していますが、knjさんのそれらに対する態度は丁重でいながらもとても傲慢でしたね。

花さんのそれは明らかで何人かの日本人から既に指摘されていましたが、花さんもknjさんも一切気づこうとはされていず、あきらめて去っていった方が多かったですね。

私も同様です。

私たちが一人ひとりの人間として存在していればもちろんつながり分かり合えるものと思います。

結婚式のチョゴリのお話を読んで、おばあさんたちが誇らしくチョゴリを着ている姿を思い浮かべてじんわりきました。

でも忘れないでください。なぜそのことにじんわりするのかというと、自分の祖母や自分の周りにいる大切な人を思う気持ちと通じているからです。

日本人の多くは韓国や朝鮮の人たちの多くが私たちの大切なおじいさんやおばあさんを悪魔のように延々と教え込み、「日本あるいは日本人」に対する恨みを教え込まれていると知ってしまいました。それに対し警戒心を持つのは当然です。

knjさんは「私のまわりにいる人たちは普通です」とか果ては「一般的でない言葉を使うのはどうかと思います」…というような人を馬鹿にしたコメントを平気で残しますが、まず2世に3世になっても生まれ育った国に帰化しない人が多い民族団体というのが世界的に見て普通ではないことがわかりませんか?

日本と韓国・朝鮮の間には越えなければならない難しい課題があるんです。

そしてこの課題をことさら難しく、超えられないもににしているのは韓国・朝鮮人の側の意識の問題が大きいと思っています。

在日の問題で日本人からいろいろなコメントを残されるのが嫌ならばタイトルや記事からことさらに在日問題に触れることをやめればいいのです。

「普通」の人のように「普通」の日記を書いていれば「攻撃的」なコメントは残されずにすみますよ。

わざわざ多くの日本人にとって敏感な領域に触れておいて相手を攻撃的扱いするあなたは最低な人間です。

こちらのコメントにお付き合いいただきありがとうございました。

何かが届いたことを願ってこれで終わりにします。
Posted by ao at 2009年02月01日 14:38
>aoさん
返事遅くなりました。コメントどうも。いくつかコメントされていますが、ここにまとめてコメントします。

>私の一連のコメントを「激しい論調で議論を挑んでいる」と印象付けられたことがとても残念です
お気を悪くされたのなら申し訳ありませんが、率直な印象としてはそうだということです。

>このブログのタイトルは「在日2.5世の〜」ですよね。であれば在日の問題に関していろいろ調べていたり、興味をもっていたり、あるいは反感、好感を持っている人が訪れるのは当然です。
>
>たくさんの方が日本人側からみた在日の問題に関してストレートに疑問をぶつけたり、コメントを残していますが、knjさんのそれらに対する態度は丁重でいながらもとても傲慢でしたね。
>
>花さんのそれは明らかで何人かの日本人から既に指摘されていましたが、花さんもknjさんも一切気づこうとはされていず、あきらめて去っていった方が多かったですね。
>
>私も同様です。
傲慢とお感じになったのなら、私にそういった部分があるのでしょう。私の考えを書きます。このblog、ブログにいろいろな人が訪れてくれるのは本当に嬉しく、ありがたいことです。またこのblog、ブログを読んで感じられたことをコメントしてもらえるのは、もっと嬉しくありがたいことです。
普段、感じている疑問をお書きになるのも自由です。ただし疑問(疑問といえるのかどうか、と思えるものもありましたが)に答えるかどうかは、私が決めることです。心から答えたいものであれば答えるでしょうし、そうでないこともあります。こう考えることを「傲慢」とお感じられるのなら、私は傲慢なのでしょう。

>2世に3世になっても生まれ育った国に帰化しない人が多い民族団体というのが世界的に見て普通ではないことがわかりませんか?
韓国・朝鮮籍を持って日本に生まれた人間は、自動的に日本国籍を取得できる権利を得るわけではありません。そのまま生きていれば、韓国・朝鮮国籍のまま生きることになります。

>在日の問題で日本人からいろいろなコメントを残されるのが嫌ならばタイトルや記事からことさらに在日問題に触れることをやめればいいのです。
>
>「普通」の人のように「普通」の日記を書いていれば「攻撃的」なコメントは残されずにすみますよ。
これについては上に書いた通りです。

>わざわざ多くの日本人にとって敏感な領域に触れておいて相手を攻撃的扱いするあなたは最低な人間です。
私の考えは違います。別に私のことを「最低な人間」とお考えでも構いませんが、それはaoさんの個人的な感想だと考えています。「敏感な領域」というのも、aoさん個人のお考えです。
Posted by knj at 2009年02月07日 13:30
私のコメントが攻撃的なのは「あなたの素直な印象」。

あなたが傲慢であるという私の指摘に対しては「私が決めている…それが傲慢であるなら傲慢なのでしょう」

あなたを最低な人間だといった私の意見については「それはaoさんの個人的な感想」

在日の問題が日本人にとって敏感な領域であるという私の意見は「それはaoさんの個人的な考え」

細かな言葉のニュアンスや論調での揚げ足取りばかりされる…私がknjさんを傲慢と批判するのはこういうところなんですけれど…気づけない様子ですね。残念です。

全く本質的な話が噛み合わない…できないというのは歯がゆいものですね。
Posted by ao at 2009年02月07日 18:11
>韓国・朝鮮籍を持って日本に生まれた人間は、自動的に日本国籍を取得できる権利を得るわけではありません。そのまま生きていれば、韓国・朝鮮国籍のまま生きることになります。

日本は出生地主義を採用していませんから当然のことですよ?

その代わりご両親の世代が日本国籍を取得していれば生まれてきた時に自動的に日本国籍ですよね。

選択の自由が与えられていて、その上で「あえて」日本国籍を取得していない人が多いのが在日韓国・朝鮮人ですよね。

>2世に3世になっても生まれ育った国に帰化しない人が多い民族団体というのが世界的に見て普通ではないことがわかりませんか?
ということへの反論には一切なっていないと思いますよ?
Posted by ao at 2009年02月08日 13:21
>aoさん
またしてもコメントどうも。

>細かな言葉のニュアンスや論調での揚げ足取りばかりされる…私がknjさんを傲慢と批判するのはこういうところなんですけれど…気づけない様子ですね。残念です。
ニュアンスや論調について書いているつもりはありません。同じようなことは、このblog、ブログにコメントを書き込まれたほかの方にも書いたことがあります。私にとっては非常に重要なことです。このことがお分かりにならないのなら、話はかみ合わないでしょう。
Posted by knj at 2009年02月08日 19:20
>aoさん
書き忘れました。ここはチョゴリが結婚式から消えていくことを書いたところです。できればテーマに沿ったコメントを書いていただければ幸いです。ご検討下さい。
Posted by knj at 2009年02月08日 19:22
>ニュアンスや論調について書いているつもりはありません。同じようなことは、このblog、ブログにコメントを書き込まれたほかの方にも書いたことがあります。私にとっては非常に重要なことです。このことがお分かりにならないのなら、話はかみ合わないでしょう。

knjさんは卑怯者でもあるのですね…これは私の個人的な意見ですが…(言われない前に言っておきます)。

何度も言っていますが私が一番初めに残したコメントにしてもこれまでのコメントにしても、本質的なことは一切スルーして細かいこと(knjさんにとっては非常に重要らしい)を指摘され続けていても話が噛み合わないし、いっこうに前に進みませんからこれで最後にします。

knjさんは日本に生まれ育っている方だし帰化しているので共通の言葉で話していると思っていた私の認識が甘かったです。

結局は典型的な韓国人と日本人の論争みたいに延々と噛み合わないループになってしまいました。

韓国と日本の問題ってこういうことなんだと。こりゃあ解決しようにもできないですね。

これからも在日というキーワードでたくさんの日本人を釣って、正論みたいな上から目線で決して本質には触れずにいい気持ちになってください。

お付き合いいただきありがとうございました。

最後に…

前にも言いましたが、弱者や被害者がクローズアップされ、手を差し伸べられ、過度に保護される時代はもう終わっていますよ。

世界が弱者に冷たくなっていくのではなくて、成熟していく結果として。被害者ヅラは軽蔑の対象となっていくと思います。

その新しい意識の流れの中で、韓国や北朝鮮、在日の人たちがどう見られるか…変わらない限り世界から軽蔑されるでしょう。

あーでもこれまでの流れからしてknjさんには伝えようとしていることが伝わらないんだろうな…。

そして私は攻撃的な悪者。いいですよ、ここはknjさんのブログですからknjさんが被害者でいる権利がありますよ。私は加害者でいっこうに構いませんよ。

では。
Posted by ao at 2009年02月08日 21:36
>aoさん
書き忘れました。ここはチョゴリが結婚式から消えていくことを書いたところです。できればテーマに沿ったコメントを書いていただければ幸いです。ご検討下さい。

あの〜このトピックでこちらが別のトピックに書いたコメントの話を始めたのは花さんとknjさんですよ。

はいはい私が悪者です。あなたは被害者。

もうコメントしませんからご安心ください。
Posted by ao at 2009年02月08日 21:43
日本でも、着物で結婚式を挙げる人は
減っていて、下手すれば全部ドレスの
時代だしね。

そもそも、韓国本国では、チマチョゴリを
来ていますか?

私は、韓国でこそ、チマチョゴリを着る機会が減ったと嘆くブログを見たが。

中国でも、伝統的な服をほとんど着ないという。

意識しないと残らないんではなかろうか。

日本も、昭和50年位までは、普段着に着物の人が普通にいた。私の祖父母もいつも着ものだった。

現在、いつも着物の普段着の人がどれだけいるだろうか。。。

まぁ、それでも、日本は、初詣、夏祭りの浴衣、謝恩会、成人式、温泉の浴衣などがあるから、着物を着る機会は多いと思うけど。

Posted by 通りすがり at 2011年05月23日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。