2006年06月03日

在日「外国人」を巡る新たな一つの数字を紹介する

今週、新聞で少し気になる記事を見つけたので紹介する話を書く。
在日韓国・朝鮮人を含む在日外国人に関するものだ。

その記事は「外国人登録者数、初めて200万人を突破」というものだ。
 

この記事は朝日新聞に掲載されたものである。
新聞だけでなくネットでも読むことができる。
ネットで公開されたのは、2006年05月27日のことだ。
あまり長い記事ではないので全文を引用する。
 05年末の外国人登録者数が201万1555人となり、初めて200万人を超えたことが法務省のまとめで分かった。日本に住む100人のうち1.57人が外国人という計算になる。外国人登録は国内に90日以上滞在する人が対象で年々増え続けており、10年前に比べて約1.5倍になった。

 国籍別では、韓国・朝鮮籍が3割を占めて最も多いが、60万人を割り、約59万8000人だった。一方で、中国(全体の26%)、ブラジル(同15%)が増えている。

 今国会で成立した改正入管法では、国内に正規の資格で滞在する外国人も、特別永住者を除き、入国する際は指紋を強制的に採られる。これに当たる在留資格者は約156万人にのぼる。

いつまでネットで読めるのか分からないがURLも書いておく。
http://www.asahi.com/life/update/0527/008.html

10年後の在日韓国・朝鮮人社会をふと考えた」という話で
在日韓国・朝鮮人の数が減り続けていることを前に書いた。

法務省のホームページには1995年以降の外国人登録者数の推移がある。
韓国・朝鮮人は、95年には外国人登録者数の48.9%を占めていたが、
今では30%を割り込んだ。

この間、登録外国人は136万2371人から201万1555人に増えた。
増加の最大の要因は、記事にもある通り、中国人である。
95年には22万2991人で全体の16.4%だったものが、
記事にある26%から計算すると、52万人を超えたことになる。
2004年が48万7570人だったから3万人以上増えたことになる。

一方で、在日韓国・朝鮮人は、95年から7万人弱減っている。
1年で6000人強減っている計算だ。

このペースが続けば、2007年末にも日本で最も多い外国人は、
韓国・朝鮮人から中国人に変わることになる。

10年後、あるいは2010年の在日韓国・朝鮮人社会はどうなるのだろう。
私には確固たる答えはない。

この話に関連して中国に関する数もひとつ紹介したい。
5月末か6月1日の日本経済新聞の記事である。
タイトルは「中国商務相、環境保全に「日本の技術導入必要」だ。
これも割と短い記事なので、全文を引用する。
 30日まで来日していた中国の薄熙来商務相は31日、日本経済新聞の質問に書面回答し、今年1―3月の経済成長率が10.3%に達したことについて「現在の成長率は基本的に正常」との見方を示した。日中関係については、日本政府首脳の靖国神社参拝を批判しつつも関係改善に前向きな考えを示し、特に日本の省エネ技術導入に強い関心を示した。

 1―3月期の成長率は05年通年を0.4ポイント上回り、経済過熱を指摘する声も多いが、薄商務相は「潜在成長率の範囲内」と回答。「中国では農村の余剰労働力が2億人いるほか、毎日の生活費が1ドルに満たないという世界銀行の基準では2億1000万人の貧困層がいる」と指摘した。


この記事もまたネットでも読むことができる。
いつまでネットで読めるのか分からないがURLも書いておく。
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20060531d2m3101z31.html

私が気になったのは、余剰労働力と貧困層がいずれも2億人を超すことだ。
当分は日本で働こうとする中国人の数は減らないのではないだろうか。
時期については異論もあるだろうか、外国人登録者数の数で
韓国・朝鮮人と中国人が入れ替わるのはいずれ時間の問題だろう。

以前「外国人共生会議(仮称)』という言葉をきっかけに書いてみる
という話を書いたことがある。
今回の話は、この話とも少し関連があるかもしれない。

実際には、何が理由でどんなことが起きているのかは私には分からないが、
備忘録として、2006年5月に民団と総聯が和解したことを記しておく。
その後、和解が必ずしも順調には進んでいないという報道があった。

民団は在日大韓民国民団、総聯は在日本朝鮮人総聯合会の略である。

ここからはコメントに関するお願いです。
最初にコメントを書かれる際には、
自己紹介を一緒に書いてもらえないでしょうか。
年齢とか、学生なのか社会人なのか、簡単な考え方とか、
なぜ在日に興味を持つのかとか、そういったことです。
ご自身のblog、ブログがあるようなら紹介してもらえるとありがたいです。

理由は、私がこのblog、ブログへの関心を高めることができる、
という個人的なものです。
とりあえずしばらくは継続したいので、皆さんのご協力をお願いします。
コメントの内容をさらに深く理解するヒントにもなると思います。

もちろん、無理に自己紹介をお書きになる必要はありません。
その場合は、書きたいことだけをお書きになってください。
あくまでも私からのお願いです。よろしくお願いします。

また書き込む際の名前は同じものにしてもらえるとありがたいです。
posted by knj at 23:58| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国人登録者数を詳しく分析してみると(今年のは分析できていませんが)衰退国家日本に入ってくるのは中国人などの発展途上国が中心だと思うとうんざりします、

外国人登録者数が増えたといっても中国人を中心の発展途上国の人であり増す、又不法滞在者数が減っているのもきになります

外国人登録者のヤフーのブログ検索から着ました、
Posted by きりん at 2006年06月05日 15:44
>きりんさん
はじめまして、コメントどうも

「衰退国家」と「発展途上国」のどちらにうんざりしていらっしゃるのかよくわからないのですが、あまりうんざりしても仕方ないと思います。

それから、中国を単純に発展途上国と見るのは、少し総計かと思います。私はあまり中国には詳しくありませんが、すでに中国は発展途上国の枠を超えつつあるのではないでしょうか。

数年前からWTOにも加盟していますし、国家全体のGDPが後10年もすれば日本を超えるとの予測もあったかと思います。

蛇足ですが、「またしても、在日『外国人』を巡る新たな数字を紹介する」という話を書きました。この話のなかえ、きりんさんが分析したいと思っている外国人登録者数に関する法務省の公開情報について触れています。よろしければご覧ください。
URLは以下です。
http://pknj.seesaa.net/article/18930683.html
Posted by knj at 2006年06月07日 00:05
中国人は年間1万人位帰化した人がいるので、日本に住んでいる人はもっと多いんじゃないかな。
Posted by at 2006年06月22日 19:13
上の発言は訂正します、大体中国人は年間
4,000人〜5,000人ぐらいが帰化していますから実際の中国人の数はこの1年で3万5,000人位増えているはずです、今の中国の人は帰化にあんまりネガティブな考えがないので帰化している人は多いみたいですね、実際永住権をとるより帰化のほうが半分の期間で取れるみたいです、これは法務省が日本に来る外国人は帰化は嫌がるだろうと思って、永住権を難しくしたことがあるように思います。
Posted by at 2006年06月22日 19:30
>さん
返事遅れました。すいません。

いろいろな考え方はあると思いますが、日本国籍を取得すれば日本人です。カウントされない外国人が多いのではなく、日本人の幅が広がっていると考えられた方がいいんじゃないでしょうか。
Posted by knj at 2006年07月02日 23:57
国籍問題を考える・資料集  日時:2001年12月14日18時30分〜 
場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

講師
ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題を
どうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、
早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは
小数民族の酋長さんみたいなものになります。
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm

[李敬宰
在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会
会長  → 李敬宰 ← (大阪・高槻むくげの会)
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/
設立記念集会の報告 「在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会」
設立記念集会
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/houkokusyuukai.htm

Posted by uri at 2006年08月05日 22:46
>uriさん
お久しぶり?ですかね、コメントどうも。

コピペなので何がおっしゃりたいのか分かりません。あしからずご容赦ください。
Posted by knj at 2006年08月09日 23:44
>uri
何度かに分けて問題になる発言部分が会の方に削除されてしまいましたね、隠蔽のつもりらしいですが遅すぎますね

李さんの言うように帰化される方が増えると朝鮮民族の幅が増えて大和民族の幅が狭くなりマイノリティーとなって最後に日本民族は消滅しますね

でもいい方ですね、李さんは天皇を酋長さんとして残してくださるのですから、少し在日系帰化人の方1014の優しさに感激しました
Posted by ☆ at 2008年10月25日 10:42
>☆さん
はじめまして?ですかね。返事遅くなりました。
コピペに対応される必要はあまり関係ないかと思います。

インターネットに一度公開したものの修正や削除は本当に難しいです。何を公開するのか、自分もきちんと考えなきゃいけませんね。
Posted by knj at 2008年12月31日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広島ビジネスホテル
Excerpt: 広島のビジネスホテルならおまかせください
Weblog: 広島
Tracked: 2006-08-29 16:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。