2006年10月26日

在日韓国・朝鮮人強制連行ならぬ強制収容所?の神話

今回は、在日韓国・朝鮮人を巡るある施設に関連する話を書く。
その施設とは、長崎県大村市にあった大村収容所である。
 

大村収容所が完成したのは1950年のことである。
ここは、多くの在日韓国・朝鮮人を収容する施設だった。
朝鮮戦争の勃発で日本に密航してくる韓国・朝鮮人が増えたのが
開設のきっかけではなかったかと思う。

突然、こんなことを書こうと思ったのはきっかけがある
実は当時、小学生になるかならないかだった私の叔父も、
大村収容所に収容されていたことを聞いたからだ。

朝鮮戦争当時、母や祖父・祖母と日本にやってきた際、
どこかで家族とはぐれて一人で収容されたのである。

簡単に書いたが、とんでもない話のような気がする。

前回の「在日韓国人だった私の祖母は二度、日本にやってきた」や、
前々回の「私の周囲から在日1世がいなくなった」で、
書ききれなかったのだが、なんとなく書こうと思った。
叔父にとっての日本生活は最初から、一苦労も二苦労もあったようだ。

この話を叔父としたことはほとんどない。
小さな子供だったので、収容所の部屋の鉄格子のトビラか窓を抜け出して、
収容所内をうろちょろすることもあったようだ。
それでも、子供が一人で収容所に入っているのである。
さぞや不安な日々を過ごしていたのだと思う。

その後、何かのきっかけて祖父が叔父が収容所にいることを知った。
だが収容所を出るのは簡単ではない。
数カ月後、叔父は大村収容所を出ることになった。
どんな理由で出ることができたのかは分からない。
ただ、どこかの在日韓国・朝鮮人の家庭に引き取られたらしい。

ただ叔父を引き取ったのは、本当の家族ではない。
いくつかの家族を渡り歩いて、叔父は祖父や祖母のところに戻った。
日本にやってきて、祖母と一緒に暮らすようになるまで、
1年以上が過ぎていたのかもしれない。

こう書くと簡単に聞こえるが、とんでもない話の気がする。

在日韓国人?朝鮮人?作家として著名な梁石日の小説に
「夜を賭けて」という作品がある。
私は読んでいないが、大村収容所はこの作品の舞台にもなっているようだ。
現在、割合簡単に入手できる本で、大村収容所についてそれなりに
詳しく記してあるものはないようだ。
なお、大村「収容所」は現存しないが、その後継?施設である
「大村入国管理センター」という施設は現存している。

タイトルについて補足しておく。
意に沿わぬ収容ということで「強制」収容所という言葉を使った。
(とりあえず使っただけで、別に思うところはありませんのでご報告まで)

最後に、梁石日の「夜を賭けて」というのはこんな本です。



ここからはコメントに関するお願いです。
最初にコメントを書かれる際には、
自己紹介を一緒に書いてもらえないでしょうか。
年齢とか、学生なのか社会人なのか、簡単な考え方とか、
なぜ在日に興味を持つのかとか、そういったことです。
ご自身のblog、ブログがあるようなら紹介してもらえるとありがたいです。

理由は、私がこのblog、ブログへの関心を高めることができる、
という個人的なものです。
とりあえずしばらくは継続したいので、皆さんのご協力をお願いします。
コメントの内容をさらに深く理解するヒントにもなると思います。

もちろん、無理に自己紹介をお書きになる必要はありません。
その場合は、書きたいことだけをお書きになってください。
あくまでも私からのお願いです。よろしくお願いします。

また書き込む際の名前は同じものにしてもらえるとありがたいです。
posted by knj at 23:58| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
在日に向かって、帰れ帰れと連呼するやからは多い。これは島国的偏狭さとでも言うべきで、いい加減へきえきしていた。そんな失礼なことは言うべきではないと今でも思っている。しかしその一方で、なぜ在日は帰らないで日本に居ついたのか不思議に思ってもいた。いろんな人の説明を聞いたけど、いまいち納得できなかった。でもようやくその本当の理由がわかった。

不動産を調査する仕事をしていたことがある。登記簿を調べると過去の所有者の変遷がすぐわかる。だから以前から薄々わかってはいたのだが・・・・・・「在日の地図 大韓棄民国物語」という最近出た本で、わたしの推測が裏づけられ、はっきり確認できたように思う。

その本当の理由とは不動産だ。彼らは戦後間もない頃、駅前の一等地のような日本の優良不動産を手に入れた。その不動産の価値は日本の高度経済成長に伴い、うなぎ昇りに上昇した。不動産を担保にして金融機関から融資を受けることもできるし、賃貸しても売却してもいい。これを基盤として日本社会に根を張っていったわけだ。これが日本に根を下ろすことになった最大の原因だ。在日の学者・評論家たちが決して口にしない真の理由だ。なるほどそういうことだったのか。

Posted by アキレス at 2006年10月28日 09:04
>アキレスさん
アキレスの踵さんなのかな?であればお久しぶりです。そうでなければはじめまして、コメントどうも

アキレスの踵さんであれば、特にお願いですが、私の書いた話に関係したコメントを書いていただければと思います。以前にも書いたと思いますが、自分のお考えがあるのなら、ご自身でblog〜ブログを開かれるのが良いと思います。

ただ、「在日の地図 大韓棄民国物語」なんていう、在日韓国・朝鮮人に非常に強い興味ある人(理由が何なのか、私にも分かりませんが)しか知らないような本を早々に読まれたのに驚きを感じたことご自身の過去について書いていただいたことに感謝して、少し書きます。

>在日に向かって、帰れ帰れと連呼するやからは多い。
ネット上を含めて、とにかく在日を話題にしたがる人の集まりにかかわらなければ、こんなことを連呼する人はそれほど多くないと思います。

もう一点、ご報告まで。私の父も母も、駅前の一等地は所有していませんでした。というか、私の知る在日韓国・朝鮮人で、駅前に土地を持っている人はほとんどいません。私の知る事実から考えると、アキレス(の踵)さんの推測には無理があると思います。

念のために書いておきます。これ以上、ここでアキレス(の踵?)さんの推測について書くつもりはありません。ご容赦ください。
Posted by knj at 2006年10月29日 12:06
始めまして。
私は今大学生で、在日の事に興味持ったのも、自分のブログ作る事になったのも、青年会って在日組織のBBSを見たことがきっかけでした。
このブログに登場してくれた在日の人の意見を聞き、在日の人も普通の日本人じゃん!って感想を持ってます。

大村収容所って事は私は全然知らないし、多分知る努力もしないし、過去にこんな愚かな事をした反省として知る事は大事な事だと思うけど、今の日本はその反省に立った上で色んな政策をやってると思うんですね。

何よりも、今の私達の年代って在日の人に対して何の偏見も持ってないと思うし、普通に同じ日本語を話す日本人としてみてるし、過去の事ばっかり持ち出されるとなんか異常さを感じるんですね。

現在の私達に何か不満ありますか?
過去に強制連行された仲間の人とか、収容所に入れられたお母さんの事とかで、今の私達に問題があるならしょうがないけど、過去こんな事もあったけど、今は仲良くやっていけてるしって感情を持つ事は出来ないですか?
あまりにも過去のネガティブなイメージを引きずってたら大事な将来もネガティブな事になっちゃうと思いますよ。

って、初めて書き込みするのにえらそうな事言ってごめんなさい。
何となくknjさんの意見を読んでたら、日本人と在日の人が普通に仲良くしていく事はムリなのかも?って思いました。
Posted by てけとー at 2006年11月04日 23:47
>何となくknjさんの意見を読んでたら、日本人と在日の人が普通に仲良くしていく事はムリなのかも?って思いました。

てけとーさんへ。わたしも無理だと思います。というより、knjさんご自身が共生して仲良くしましょう、というスタンスを取っていらっしゃらないでしょう。

さて、わたしの返事ですが、書いたことはわたしの勝手な推測なんかじゃありません。関連文献は出ていますし、当時を知る人の証言もあります。戦後、間もない頃、住宅事情は悪かった頃、朝鮮人に部屋を貸すと家賃を払わないで居座るケースが各地で頻発したそうです。それで家主が支払いを要求すると逆ギレして、「お前たちは俺の国を奪ったじゃないか」と居直ったのだそうです。

だから日本人側が朝鮮人に部屋を貸すのを用心するようになったのは当たり前で、これは偏見とは言えないでしょう。こうした当時の事情に全く触れずに、ただ偏見・差別があったと言うのは無理がありますね。あ、knjさんはわたしの推測について書くつもりはないとおっしゃっているので、ご返事は不要ですよ。
Posted by アキレス at 2006年11月05日 15:07
>てけとーさん
はじめまして、てけとーさんが日本の人なのか、在日の人なのか、いまいち分かりませんが、コメントありがとうごじます。

>現在の私達に何か不満ありますか?

私は別日本にどうこうしてほしいなんて書いているつもりはないです。自分の親戚に起きた、個人的に面白かったというか、在日韓国・朝鮮人でなければ経験しなかっただろう興味深い話を書いているだけなんですが。

日本人よ、過去がどうだからこうしろ、なんてことはこのblog〜ブログで一度も書いてないと思います。特定の個人や特定の考え方をする人たちに対して、評価しないといったことは書いたことはありますが、それは特定の人たちだけを指したものです。

>何となくknjさんの意見を読んでたら、日本人と在日の人が普通に仲良くしていく事はムリなのかも?って思いました。

そう思わせたなら、私の考えがうまく伝わってないのだと思います。またいろいろと書いていくなかで、自分の考えが伝わればと思います。

>アキレスさん
コメント、どうも。特に断りがないということは旧アキレスの踵さんということでよいですか?

私は、在日が駅前の土地を取得しているということに対して、自分及び自分の知る限りの事実を基に、違うと書きました。

>さて、わたしの返事ですが、書いたことはわたしの勝手な推測なんかじゃありません。関連文献は出ていますし、当時を知る人の証言もあります。戦後、間もない頃、住宅事情は悪かった頃、朝鮮人に部屋を貸すと家賃を払わないで居座るケースが各地で頻発したそうです。それで家主が支払いを要求すると逆ギレして、「お前たちは俺の国を奪ったじゃないか」と居直ったのだそうです。

土地を買った話がなぜ部屋代の話になるのでしょうか。不動産にかかわる仕事につかれた方にとって、土地の所有と賃貸は同じことを意味するのですか?

前回のアキレスさんのコメント対して、私が書いたのは、関連文献も「そうです」の必要もない、私にとっての事実です。アキレスさんの指摘されるような在日韓国・朝鮮人もいたかもしれませんが、それが在日が日本で暮らす「本当の理由」だと考えるのは、おかしい。それは私の知る事実と違うからです。どれだけ文献を重ねられても、私は納得しません。なぜなら私の知る事実と違うからです。

なぜ、アキレスさんが、在日韓国・朝鮮人に興味を持たれるのか理由は分かりませんが、私は慎重に事実を踏まえたうえで考えをまとめない人の考えが、事実を反映するとは思いません(当たり前のことですが)。そして、多くの日本人はこういった考え方はしないと思っています。
Posted by knj at 2006年11月05日 23:25
knjさん
返事ありがとうごじます。
私は日本人です。
元の国籍はアメリカです。

私も外国系日本人として経験した事いっぱいあるんですね。
子供の頃は髪の毛の色や目の色の事で同じ日本人から色々言われた事あります。
子供同士だけじゃなく、その親からもありえねぇ〜って事も言われた事あります。
でも、そんなネガティブな事を殊更強調しててどーなるの?って思ってます。

私は今住んでる日本が大好きです。
私の大好きな人もこの日本にいっぱい住んでます。
日本の文化を誤解してる部分もあるけど、私は全体を判断して日本が大好きなんですね。

在日の人は日本から出た事ない人もいるって事を私のブログで知りました。
日本語しか話せない人もいるって知りました。
その日本しか知らない在日の人達が日本を嫌うのは、knjさんや、民団や総連って組織がそうさせてるんじゃないの?って疑問を持ってます。

knjさんが日本や日本人を憎み、恨み、忌み嫌う事はしょうがないと思うんですね。
実際knjさんのお母さんが不幸な過去を持ってる事は消し去りようもない事で、その経験を持つknjさんが日本に対しネガティブな感情を持ってても当たり前の事だと思うし、knjさんはこれからもずっとずっと日本を恨み、憎しみ、忌み嫌う権利を持ってると思います。

しかし、何も知らない在日の人や、今も生まれてる在日の人達に対してネガティブな感情を引き続き持たせる意味って何なの?って思うんですね。

knjさんが面白いって思って書いてる事を読んで、在日の人達が全員面白いって思えるのかな?って疑問を持ちます。

私は日本人と在日の人がお互い干渉しすぎるのが一番悪いと思ってます。
日本が許せない在日の人の感情を何も考えずに文句言ってる日本人も許せないし、一部のネガティブな感情を殊更強調して恨みを引きずる在日も許せないし、お互い理解しあえない人種なんだって事を理解して、日本に日本を恨む在日の人達だけがまとまって住める場所を提供すればいいんじゃない?って思います。

私達と、民団や総連の思想を引き継ぐ在日や元在日の人が一緒に生活するのは無理なことだと思います。
knjさんや民団や総連に所属する人は、同じ在日の人や、その人達と仲良くしようって思ってる日本人とだけ友情を持つ事が一番大事なことだと思います。
そしてお互い干渉する事ない社会が出来れば一番いいと思います。
Posted by てけとー at 2006年11月06日 01:33
>てけとーさん
またしても、コメントありがとうございます。

>その日本しか知らない在日の人達が日本を嫌うのは、knjさんや、民団や総連って組織がそうさせてるんじゃないの?って疑問を持ってます。
>
>knjさんが日本や日本人を憎み、恨み、忌み嫌う事はしょうがないと思うんですね。
>実際knjさんのお母さんが不幸な過去を持ってる事は消し去りようもない事で、その経験を持つknjさんが日本に対しネガティブな感情を持ってても当たり前の事だと思うし、knjさんはこれからもずっとずっと日本を恨み、憎しみ、忌み嫌う権利を持ってると思います。

何か誤解があるようなのですが、別に私は日本が嫌いでも、恨んでいるわけでもありません。ついでにいうと私の母の過去が不幸だったとも思っていませんし、消し去りたいとも思いません。正直、なんでそんなことを考えられるのか不思議です。

それから私は別に「民団とも総連」とも関係ありません。「民団や総連」の考え方がどういったものなのかも知りません。なぜてけとーさんが、「民団や総連」にこだわられるのか知りませんが、あくまで一個人としての考えを書いているだけです。

このblog〜ブログが誤解を招くようなものなら、多少書く内容を考えないといけないかもしれませんね。ただ、以下に引用するような考え方は、私には理解できません。てけとーさんが以下で書いているのは、異質なものは排除すべきだということとほぼ同じだと思います。

>お互い理解しあえない人種なんだって事を理解して、日本に日本を恨む在日の人達だけがまとまって住める場所を提供すればいいんじゃない?って思います。
>
>私達と、民団や総連の思想を引き継ぐ在日や元在日の人が一緒に生活するのは無理なことだと思います。
>knjさんや民団や総連に所属する人は、同じ在日の人や、その人達と仲良くしようって思ってる日本人とだけ友情を持つ事が一番大事なことだと思います。
>そしてお互い干渉する事ない社会が出来れば一番いいと思います。

ちょっと書き方がきつくなっているかもしれませんが、別にきついことが書きたいわけではありません。ご了解ください。
Posted by knj at 2006年11月06日 08:23
knjさん、私が誤解してました。
本当にごめんなさい。
knjさんが日本を嫌いでも恨んでもいないって事は実際思いもしなかった事です。
あと、私が民団や総連にこだわるのは、私のブログhttp://yaplog.jp/teketoh/に登場してくれた元在日の日本人の人から教えられた事で、実際民団の掲示板を見ると強烈に日本を嫌ってる在日の書込みがあるんですね。
日本を恨み、憎み、忌み嫌うのはその人の自由だし、在日の人は全部その権利を持ってるし、その考えを死ぬまで変えてもらいたくないし、そういう人達と交流する事も干渉する事もなくなればこんなバカな対立もなくなるかも?って思ってます。

私の考えが異質性を排除すると分析された事は正しい事です。
knjさんのブログにも嫌韓の思想を持つ人が登場し、卑怯な言葉で攻撃してますが、絶対に受け入れられない人種だと認め、干渉せず、交流せず、自分の考えを押付けず、関心持たないで監視だけすれば対立もなくなるかも?って思想を私は持っています。
Posted by てけとー at 2006年11月06日 23:15
>てけとーさん
コメントありがとうございます。

謝られるほどのことではないです。

>私の考えが異質性を排除すると分析された事は正しい事です。
>knjさんのブログにも嫌韓の思想を持つ人が登場し、卑怯な言葉で攻撃してますが、絶対に受け入れられない人種だと認め、干渉せず、交流せず、自分の考えを押付けず、関心持たないで監視だけすれば対立もなくなるかも?って思想を私は持っています。

どうなんでしょうか。私はそうは考えたくないです。楽観的希望主義かもしれないし、少し甘すぎるかもしれませんが。
Posted by knj at 2006年11月08日 08:21
お久しぶりです。
う〜ん、そんなに日本を嫌いな在日って多いですか?私の周りにはほとんどいませんよ。
たとえば、日本人だって朝鮮、韓国人を嫌いな人がいるし、好きな人もいる。そういうもんじゃないかな?
日本に住んでる在日は300万人ぐらいでしたっけ?それだけ多いんですよ。
ある掲示板に、仮に100人が日本が嫌いと書いたとしても%にしたら微々たるものです。それになりすましが多いですし、わざと煽ってる日本人や在日もいますし。
てけとーさんはあまり在日の方とお話してないんではないでしょうか?反対に考えがネガティブだと思うのですが。
一部の思想を持ってる人の意見だけを取り上げるのもどうかと。
あと、土地をどうたらというのも、確かに一部の朝鮮人がやったかもしれないですが、ほとんどの人間は持ってません。それだったら私も、もっといい暮らしてますよ(笑
みんな、貧乏で必死に生きてきました。昔はちゃんとした仕事につけませんでした。だから在日にやくざとか運ちゃんとか個人事業主が多いのです。
あと、個人的には日本が好きです。在日で日本が嫌い。という方がいれば、じゃぁ国に帰れと思います。
在日として35年間生きてます。その間に差別的なこともいっぱい見ました。
前にもコメントましたが、簡単に帰化できるならすぐします。こんな在日もいることを知ってください。

長文失礼しました。
Posted by kin at 2006年11月08日 23:58
>kinさん
こちらこそ、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

>う〜ん、そんなに日本を嫌いな在日って多いですか?私の周りにはほとんどいませんよ。
>たとえば、日本人だって朝鮮、韓国人を嫌いな人がいるし、好きな人もいる。そういうもんじゃないかな?
>日本に住んでる在日は300万人ぐらいでしたっけ?それだけ多いんですよ。

この辺の感じは私も完全に一緒ですね。ただ在日韓国・朝鮮人の数はもっと少ないと思います。それにしても数十万人の単位ですから、簡単にひとまとめにできるものではないと思います。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by knj at 2006年11月09日 09:30
kinさん
私は最近まで在日の存在すら知らなかったし、私がお話できたのは私のブログの中に登場してくれた二人だけだし、元在日の日本人一人を含めて三人しか知らないです。
で、この三人の意見を読んで在日の人も普通の日本人だ!って感想を持ってます。

嫌韓も、私のブログに登場した人は全然在日の事を知らないんですね。
知らなくて、自分の頭の中で勝手に想像して批判してるって感じなんだけど、それは通名って制度で在日か日本人かがわかんないからかな?って思ってます。

質問なんですが、みんな知らないのは何故だと思いますか?

あと、嫌韓現象ってネット上だけの問題ですか?
私とお話してくれた在日の人は、会社の社長も在日なのに、平気で社員が「在日って怖いよね」って言ってるらしいんですね。
何で日本人が在日は怖いって感想を持ってると思いますか?

最後に、どうしたら嫌韓現象がなくなると思いますか?
Posted by てけとー at 2006年11月09日 21:04
knjさん
ずっと前の書込みも全部読ませてもらいました。
ホント私が誤解してた事ごめんなさい。
冷静な分析が出来るknjさんにぜひ教えてもらいたいんですが、日本人と在日の対立って昔からずっと続いているのですか?
普通に考えると、対立してる民族の帰化が簡単になるはずないし、knjさんの考えとか、kinさんの考えとかを知ったら誰も在日は反日行動をする人種だ!って言わないと思うんですね。
どっちかと言うと、日本の土地を占領して勝手に軍隊を持ち、日本人に迷惑かけてる私らアメリカ人に対して文句言うのが普通じゃないの?って思うんですが、なぜ日本人は嫌韓が多いと思いますか?

実社会ではテレビでみたアメリカ軍出て行け!って活動してる日本人がいっぱいいるし、ネットって仮想の世界じゃ在日出て行け!って日本人がいっぱいいるし、誰が誰を嫌っててもその人の自由なんだけど、何となく日本社会の矛盾を感じますね。
Posted by てけとー at 2006年11月09日 23:48
あまりこういう場で議論をするのは好きじゃないんですが・・・
<在日の人も普通の日本人だ
日本人ではありません。在日です。広い意味で単純に日本に住んでる「人間」だとおもいます。

<みんな知らないのは何故だと思いますか?
良くも悪くも、差別されるからでしょうか?普通に「俺は在日や!」といっても不利こそあれ、有利にはならないですから。

<何で日本人が在日は怖いって感想を持ってると思いますか?
昔の話を聞くと、日本が敗戦して、在日がいままでの鬱憤を晴らすような、行動があったと聞きます。それと、今まで上に立ってた日本人が、一気に朝鮮人と同じところまで降りたことに対する、いろんな感情の積み重ねかなと。極端に言えば白人、黒人の関係と近いかなと、個人的に思ってます。

<最後に、どうしたら嫌韓現象がなくなると思いますか?
無くならないでしょうね。民族間の感情がすぐに回復することはないでしょう。
というか、在日=反日、 日本人=嫌韓、という図式が理解できない。そういう人たちが多いと言う前提で話されても、偏った意見交換しか出来ないでしょう。

まことに勝手ながら、これで今回の件ではコメントをすることをやめときます。

knjさん、てけとーさん、すみません。


Posted by kin at 2006年11月10日 00:42
>てけとーさん
コメントありがとうございます。

>冷静な分析が出来るknjさんにぜひ教えてもらいたいんですが、日本人と在日の対立って昔からずっと続いているのですか?

それほど冷静でもないです。冷静に感じられたとすれば、とりあえずはありがたいことです。

>普通に考えると、対立してる民族の帰化が簡単になるはずないし、knjさんの考えとか、kinさんの考えとかを知ったら誰も在日は反日行動をする人種だ!って言わないと思うんですね。
>どっちかと言うと、日本の土地を占領して勝手に軍隊を持ち、日本人に迷惑かけてる私らアメリカ人に対して文句言うのが普通じゃないの?って思うんですが、なぜ日本人は嫌韓が多いと思いますか?
>
>実社会ではテレビでみたアメリカ軍出て行け!って活動してる日本人がいっぱいいるし、ネットって仮想の世界じゃ在日出て行け!って日本人がいっぱいいるし、誰が誰を嫌っててもその人の自由なんだけど、何となく日本社会の矛盾を感じますね。

うーん、難しい問題ですが、社会はそんなに合理的なものではないし、書かれているとおり矛盾しているから、いろいろと面倒なことがあるんじゃないでしょうか。これはもちろん日本だけでなくて世界がすべてそうだと思います。

それに別に、日本人と在日韓国・朝鮮人は対立してないと思います。在日韓国・朝鮮人が嫌いな人(特に理由もなく)はいると思いますが、そういった人とも私は別に対立しているとは思いません。今、このblog〜ブログを書いている限り、別に仲良くはないですが、そこまで差し迫った関係ではないです。

>kinさん
コメントありがとうございます。別にあやまられるようなことは書かれてないです。もしまた何か書きたくなったらよろしくお願いします。
Posted by knj at 2006年11月10日 01:16
そうですよね。
私の周りの人は誰も在日の文句言ってないし、それどころか在日の存在自体知らない人ばっかりだし、ネットっていう仮想の世界の中だけでみんな在日の事を想像して文句言ってるんだって事を改めて再確認できました。
本当に嫌韓って言われる人達はパソコンから離れるべきだって思いました。
あまりにも青年会とかで酷い表現で文句言ってた日本人や、民団の掲示板で酷い表現で日本人の文句言ってた仮想の世界でしか生きられない人達の事を過大に評価してたみたいです。
少し考えると、戦後60年も平和に在日の人が生活できているんだし、小さな対立はあるかもしれないけど、在日という理由だけで嫌う人もいるわけないですよね。
小さな差別もあるのかもしれないけど、差別のない社会なんてあるはずないし、本当にネットの情報に惑わされてる人が沢山いるんだってわかっただけでも得るものは大きかったです。
色々教えてくれて本当にありがとうございました。
Posted by てけとー at 2006年11月10日 22:49
>てけとーさん
何度もコメントありがとうござました。少しでもこのblog〜ブログがてけとーさんの役に立ったのならありがたいことです。

私は、在日韓国・朝鮮人を巡る問題は簡単に説明できるものでもすぐになくなるものでもないと考えています。
Posted by knj at 2006年11月12日 10:39
大村収容所そして不明朗な土地の取得に関して僕の所感

遅れてコメントする無礼をお許しください。
大村収容所については、当時子供であった僕にも強烈な印象があります。当時映画館に行くと幕間にニュース映画と謂うのが有ったのですが、そのニュースの中で密航船の事、収容所の事が取り上げられないことが無いほどの話題でした。小さな漁船の船倉に是ほど入れるのかと思うほどの人達が次々と検挙されている様子。そして収容者で溢れかえる大村収容所、子供心にも忘れられない心象風景となっています。この事について貴方がやや(あくまでもややです)批判的に見ているのかなと感じましたが、当時の日本の世相も知っておいて欲しいと思います。当時日本は貧しく、後に棄民といわれる「移民政策」を国を挙げて取り組んでいました。食料も不足で国内の安定には程遠い状態、そして移民を送り出した後から夥しい密航者の群れ、基本的に密航者を入国させないと言うことはやむを得ない措置だったと思います。叔父さんの悲劇についても、祖父母が出頭すれば離れ離れになることは無い。しかし、家族もろとも半島へ送り返される恐れがあるという状況が考えられます。密入国なさった人たちにも其々の事情はあると察しますが、やはり日本にも事情はあったのです。推察してください。
其れから不愉快な話題で申し訳なく思いますが、僕の住む町の駅前と言っても駅裏ですが、その町内での不明朗な土地の移転について偏見も含めて話を聞いたものです。多くの在日の方がその様な不正行為をしてはいないと信じていますが、ごく一部の不埒な人達が犯したことは実例としてあります。・・・残念な事では有りますが。
Posted by オッサン at 2007年01月10日 12:50
レイシズムについて考えてみました。(そんな立派なものではありませんが)

ブログ主の記事と関係の無い話で恐縮ですが、「差別」について少し述べさせてください。僕が直接聞いた「差別発言」の中で強烈なやつを一つ。20年余り前の事でしょうか地域の祭礼の際の自治会長の発言の中に面白い物(失礼)がありました。地区のご婦人方が祭りに参加した人達に五目寿司を振舞い、その跡片付けをしていた時の事です。寿司桶で食器を洗っていたのですが、其れを見た自治会長が「朝鮮人の真似をするな」と突然言い出したのです。「何!これ」と思ったのですが、普段はとても温厚で人望もある会長の言葉です。この場は年配者は偏見が強いのかと単純に考えていたのですが、後に書物の中でかつて朝鮮半島では洗い桶と洗濯用のたらいの区別を余りしていなかったと読み、是は文化の違いに基づく「偏見」だったのだと納得したしました。(其の時会長は既に亡くなられていましたので、ご本人の見解は聞いていませんが)蔑視感には多々ありますが文化の違いに起因する物もあるのだなと考えさせられました。
其れと30数年前の事ですが、面白い体験をしております。当時、在日二世(北海道の炭鉱町の生まれで、東京に出てくる前は室蘭に住んでいたそうです)の女性と付き合っていたのですが、その彼女の発言です。当時僕は東京で暮しており、機会があって北海道出身の男性と知り合い、同郷と言うこともあって彼女に紹介した時の事です。彼が帰った後、彼女が「Tちゃん(僕のことです)、気付いてたあの人アイヌよ、だって毛深くて体臭が強かったでしょ」と僕に語りかけました。まあ、其れだけの事ですが・・・。
この二つの逸話を皆さんがどう感じられるかはご自由ですが・・・。余り人様に偉そうな事を言えない人生を送ってきた僕は、「差別」って根深いものだなと感じました。

追伸、機会があれば、彼女と僕のドタバタ話をしたいと思いますが・・・結末は僕が振られて、儚い恋のピリオドが打たれました。
Posted by オッサン at 2007年01月12日 14:58
上の僕の記事で、付き合った位で何故在日だと打ち明けられたのだ?とツッコミが入りそうなので・・・。実は僕と彼女は一緒になろう(所謂結婚とは少し感覚の違う、大体お金も無かったし)と思っていたのです。彼女は僕の部屋にしょっちゅう泊まりに来ていたし(こんな事まで書いて良いのかな?)謂わば其の儘ずるずると言うイメージでしょうか、僕は彼女に惚れていましたし、まあ、そういう関係だったのです。
Posted by オッサン at 2007年01月12日 15:49
上記、アイヌ系日本人の方に失礼な事を書いてしまいました。管理人さん差し支えなければ削除してもらえませんか、反省しています。僕は西国に暮しており実物大のアイヌ系日本人を知らず配慮に欠けました。
Posted by オッサン at 2007年01月12日 23:04
管理人さん、コメントはともかく削除依頼だけでも早くしてもらえませんか。
Posted by オッサン at 2007年01月22日 04:36
私は1951年産まれです。

大村収容所の事は記憶の片隅にあります。
私の子供時代は日本は貧しく、お祭りに行くと白装束の傷痍軍人がお金を恵んでもらう姿もありました。そういう時代に威張ってたのはヤクザと朝鮮人です。
正直、私の朝鮮人のイメージはよくないです。私は東京の下町育ちで(上野の近く)
空襲で親族のほとんどが死んで、生き残った母が焼け跡の自宅に戻ったら、そこには
朝鮮人が居座ってた。朝鮮人は文句言う人
を殺す。警察も頼りにならなくて、どうしようもなかった。母の家を取った朝鮮人は
母の家で働いてた人でした。

そういう話は家だけでない。東京の駅前が
在日所有になったのは戦後がほとんど。
在日というか、朝鮮人のイメージが悪く
なったのは戦後の自業自得です。
日本が落ち着いて高度成長になると、やくざ商売の在日は被害者と言うようになった。過去を知ってる私は冗談で無いと思う。大村収容所も、当時の日本人にとって
迷惑な難民としか思ってないと思う。
自分達の戦争で日本に逃げてきて、
日本国内でも北と南で争って(韓国の
朴大統領を殺したのが在日)収容所の環境がひどかったのは仕方ない。
ホテルじゃあるまいし、日本人も食べるのに大変な時代に、あの時の待遇が悪かったのは当然でしょう。良いも悪いもない。

むしろ、自分達が貧しい時代でも、収容所
を作るだけ良心的じゃないですか?
同じ状況が韓国なら、どうしたと思います? 日本より良い待遇で難民を引き受けますかね?
Posted by tokumei at 2007年04月01日 13:32
オッサンへ。

私は5年ほど室蘭に住んでたことあります。アイヌ系って人も知ってます。
アイヌ系は毛深いってのはそうかもです。
目鼻がくっきりして色シロで、だから毛深いのが目立つかも。体臭が強いなんて聞いたことありません。
アイヌ系だからと差別ってのも聞いたことが無いので、あなたの付き合った人が少し変なんでないかと。。?

北海道の人間じゃないので、私の経験では
断言できませんが、すごい違和感のある話です。北海道って日本の各地から来た人で
ルーツは東北とか四国とか、アイヌ系なんて聞くと興味しんしん。そこで差別??
ホントの話ですか?
Posted by tokumei at 2007年04月01日 13:58
tokumeiさん
実体験です。彼がアイヌ系かどうかは聞いていないので分かりませんが・・・・。
ただ、前記の文には反省しており早く削除して欲しいと思っているのですが。
Posted by オッサン at 2007年04月02日 11:37
>みなさん
戻ってきました。管理人としては落第でしたか。これから精進します。とりいそぎ最も重要だと思う対応を進めます。

>オッサンさん
コメントは削除しません。別に削除する必要がないと考えるからです。

アイヌ人に対する偏見のあるコメントを書かれたかもしれませんが、その後で反省するコメントを書かれているので、それでよいのではないでしょうか。いったん書いたものが間違っていたとして、削除すればよいというのは、あまり良くない。特にネットの世界には適してないと考えるのが理由です。

それより最初に書き込まれるときに慎重にされるのがよいかと思います。Seesaaブログのコメント記入蘭には「確認する」というものがあります。ご活用ください。

他のコメントについてはまた対応します。
Posted by knj at 2007年05月04日 12:20
>オッサンさん
いろいろコメントどうも。
大村収容所について、やや批判的というよりは、個人で聞いた範囲の話を驚きを交えて書いただけです。

レイシズムについての考えについてですが、こんな話からblog〜ブログを再開しました。よければお読みください。

それは侮辱であり排除であり虐待である
http://pknj.seesaa.net/article/40755486.html

私は何が、どんなことが起きているのか、あるいは起きていたのかを中心にこのblog〜ブログを書いていると思います。そんな私から見ると、オッサンさんは理由にこだわっていらっしゃるように思えます。別にいい悪いという話ではありませんが。

一つ前のコメントで、削除しないと書いたのも、この考えに従ったものです。ちょっときつい書き方になっているかもしれませんが、こういうことです。

>tokumeiさん
はじめまして、コメントどうも。51年生まれのかただとすると、戦争直後の話には伝聞が含まれているのですかね。だとすると興味深いです。

>ホテルじゃあるまいし、日本人も食べるのに大変な時代に、あの時の待遇が悪かったのは当然でしょう。良いも悪いもない。

日本人に限らず、貧しい人にとってはまず生きることが大事で、良い悪いは二の次になってしまうということでしょうか。であれば、いつの時代にもあてはまることかと思います。
Posted by knj at 2007年05月06日 02:59
はじめまして
過去、われわれ日本人が植民地支配や強制連行など酷いことをし、
在日の人も行き場もなく生きる為に必死であり様々な犯罪や事件があった事は事実であると思います。

これからは、在日の方々も日本国民として助け合いながら供に生きていけたらと願うばかりです。
なぜ、「日本人として」と書いたかというと、日本を愛してもらいたいのです。

それには日本も変わらなければいけませんが。
Posted by いお at 2011年02月10日 13:51
実は東京で9月後半に『夜を賭けて』の舞台をやる京山です。
小説家の梁石日さんにも何回か会って当時の色々話を聞きました。

正直、今回舞台としてやるまでは関心がなかったのですが、色々調べていく内に、事実が明らかにされずに、闇に葬られている現状に驚きました。
その大村収容所もそうですが、黒部ダムの話も梁石日さんから、また本にも書いてましたが、こんな事が実際にあったんですね。今まで何も知らなかった自分に憤りを感じました。
Posted by 京山したと at 2012年09月08日 16:05
はじめまして。済州等4・3事件を調べていたら偶然に拝見しました。あまりにも一方的すぎる
ご意見なので少しだけ!済州等の島民の密航が多すぎるために救った施設・収容所です。売店もお風呂もあります。青年はギターも使用できたそうです。小さな運動場もありました。
一階が女子と子供で二階が男子。衛生的でした。小父さまは記憶違いをされているのかもしれませんね。
日本は、朝鮮半島を統合しインフラをしたのですよ。黒部ダムの二倍の発電能力のあるダムを造り。美術館も造り。地下鉄も造り。東京駅と同じ建築家に立派な駅を造り。
松坂屋が進出し。銀行も明治生命のありました。粗悪な売春婦街「キーセン」を整備しました。水間政憲先生の「日韓併合時代の真実」をお奨めします。ちなみに「南京大虐殺」も今では無かった事実が学術的に証明されています。政治的宣伝に利用されたのが事実です。
ちなみに、朝鮮超特急を二台走らせた日本はその名前を「ひかり」と「のぞみ」となずけています。植民地だとしたらそんな名前を新幹線につけたりするでしょうか?統治には愛があったのです。
伊藤博文は新渡戸にこう言っています。
「朝鮮は朝鮮人のもの。朝鮮人は日本人より劣っているとは思いたくない」
新渡戸はこう答えています。「劣っていないが李王朝によって朝鮮人は言葉すら忘れかけており。働く意欲が無いのです。内地から農民を呼び寄せて農耕の手本とし!田植え、畑、植林の技術を教えた方が早いのです」と・・植民地だとしたら・・・この会話は必要ないのではないでしょうか?つづく
Posted by 晴 at 2013年03月30日 16:48
大村収容所で検索してきました。

参考までに
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20809956?group_id=35165597
Posted by じゅん at 2013年06月18日 07:27
「夜を賭して」を読み終わったところです。大阪の森之宮公園で鉄をあさってすぐ近くの在日の人々が格闘した話から始まって、主人公のひとりが大村収容所で全く人権を無視されて4年余を送った話です。多分かなり事実に基づいているのだろうが、日本が在日に行った行為は、今大久保でやられているという聞くに耐えない反在日のデモに通じる、恥ずかしい行為だったと思う。安倍自民党が今度の参議院選挙で勝ったりすると、戦時中の日本がした朝鮮、中国での残虐行為を反省していない事を、日本人が認めてしまうことになり、日本は益々アジアの孤児になりかねない。
Posted by 有賀ツトム at 2013年07月12日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。