2005年03月27日

古い日本映画を見てアンチ在日・韓国な人たちを連想した話

変なタイトルだが、しばらく前にビデオに録画しておき
この土日で見たある日本映画を見て思ったことを書くことにした。
あんまり理論的な裏づけはない話だけど。ビデオに録画していたのは1959年公開の東映映画「風流使者 天下無双の剣」だ。
市川右太衛門、大友柳太朗、大川橋蔵、若山富三郎といったスターが競演する映画で
原作は五味康祐。

悪いやつがいて、世の中をひっくり返す陰謀をめぐらすが、最後に正義が勝つ話である。
不思議なタイトルが気になって録画していたのだが、見てみたら中々面白かった。

この映画の悪役は、ニセ水戸黄門として登場する。
正義の味方であるはずの水戸黄門が悪人なのがちょっと気が利いているのだが、
映画を見終わってし、とあるアンチ韓国・在日なホームページのことを思い出した。
「大日本史番外編朝鮮の巻」という名前で知られているホームページである。

ここは匿名掲示板2ちゃんねるへの「ぢぢ」さんという人への投稿をまとめたもの。
韓国への悪意(それなりの根拠はあるのかもしれないが)に満ちたホームページである。
アンチ在日・韓国なホームページとして、よく知られるもののようだ。
内容に問題があるとして、削除されることもあるようなのだが、
無料ホームページサービスを利用していろいろな人が公開したり、
ファイル交換ソフトのWinnyなどでも内容が広がっている。
私のような立場の人間には偏見を広めるある種のウイルスのようにみえる。

実はぢぢさんは水戸黄門を気取っている。
それで、水戸黄門のことと映画の風流使者が結びついたのだ。
一時は優勢に見えても、ニセ水戸黄門は負けていくのが定めではではないか。
ふと、そう思った。
このホームページを見るとへこんだ気持ちになっていたのだが、ちょっと気が楽になった。

ところで、映画の風流使者は、テレビの銭形平次しか印象になかった大川橋蔵がよかった。
人気があったのに納得だ。この映画には出演していないが、夭折した市川雷蔵も魅力的だ。
個人的には韓流ブームより、古い日本映画にはまり気味な日常である。
posted by knj at 23:03| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「大日本史番外編朝鮮の巻」を私も何回もROMし勉強しており
ますが、このサイトをアンチ韓国・在日なホームページとか、韓国
への悪意に満ちた、内容に問題がある、偏見を広めるある種のウイ
ルスのよう、と表現されるのは韓国側史観での歴史教育を受けた
ならではですね。

韓国の国定教科書に目を通したことがありますが、正に上記表現
のうち「韓国・在日」を日本に置き換えたような吐き気がする内容
でした。歴史教科書というより「お粗末な歴史モノ講談本」と
いったシロモノです。こんな講談本で小中華思想を継承し、反日に
凝り固まる教育を施す韓国に未来はないでしょう。100年経っても
千年経っても国力、民度で日本に追いつくことはありません。

>内容に問題があるとして削除されることもあるようなのだが
韓国人お得意の事実の歪曲です。一昨年5月、本家サイトがプロ
バイダーによって突然閉鎖されたものです。ジオシティーの経営
会社のCEOが孫正義であることから朝鮮民族にとって都合が悪い
記述を隠蔽しようとしたと看做されています。
金完燮氏、李栄薫ソウル大教授、韓昇助元高麗大学名誉教授への
弾圧と同種の野蛮で卑劣な行為ですよね。
なお、現在ROMできるものは、憤慨した日本人によって立ち上げ
られた複数のミラーサイトです。
Posted by Zeke32 at 2005年03月28日 19:49
>Zeke32さん
またしても書き込みありがとうございます。誤解があるようなのですが、私は日本で生まれ日本の教育を受けました。両親は在日ですが韓国の教育を受けたことはありません。Zeke32さんのように韓国の国定教科書に目を通したこともありません(Zeke32さんは韓国・朝鮮語がわかるのですね、すごいです!)。Zeke32さんと事実認識に違いがあることは否定しませんが、韓国側と認定されるのには若干の違和感があります。

>ジオシティーの経営会社のCEOが孫正義であることから朝鮮民族にとって都合が悪い記述を隠蔽しようとしたと看做されています。
「看破された」というのは主語のない表現ですが、どなたが看破したのでしょうか。不勉強なせいか私にはわかりませんでした。教えていただければ幸いです。

なおZeke32さんへの返事が遅くなることもあるかと思います。その場合は、ご容赦ください。
Posted by knj at 2005年03月28日 22:59
私もぢぢ様のサイトを閲覧した一人です。思うところがあったので、少々長くなりますが書き込みさせていただきます。
私は最近まで、右翼と呼ばれる人が言う「自虐史観」に染まっていたものの一人です。私は元来歴史が好きなものの、その興味は近世ではなく古代・中世に対してでした。近代はそれほど興味がありませんでした。近世になるとイデオロギーが前面に出てきて、客観的に見られないのが一因でもあります。戦前の日本が絶対悪だとは思っていなかったものの、一部政治家の発言には眉をひそめていた者の一人です。
少し前まで、上記な発言や2ちゃんねるなどに書き込まれるものは右翼だとみなし相手にもしていませんでした。正直苦々しくも思っていました。韓国の反日運動なども日本人としては愉快ではなかったですが、戦前の日本の行いが原因なのでと許容していました。

しかし、私の意見が変わったのは韓国の新聞のサイトのある記事を読んでからでした。
内容は忘れましたが、その中の一文に目がとまりました。うる覚えですが「国家総動員法により強制連行された〜」と言うようなものだったと思います。それまで私は、強制連行と国家総動員法による徴用は全くの別物だと思っていました。ご存じの通り、国家総動員法は戦時体制を整えるために日本人のも適用され、女学生なども軍需工場などでも働かせられたものです。それ以前は、在日の人は戦争時に強制連行により無理矢理日本に連れてこられて、また従軍慰安婦も道を歩いていたら、日本の軍人が来て無理矢理トラックに押し込めて〜という類の話をそのまま受け入れていました。

確かに、徴用・徴兵は本人の意志とは関係ないかもしれません。しかし、強制連行で想像される状態(北朝鮮の拉致の様なもの)とは明らかに違う現実に気がつきました。そのときの正直な気持ちは「騙されてた」でした。在日の方というのも以前は、強制連行で連れてこられた可哀想な人々とその子孫というものでした。しかしこうして在日の方々のサイトなどを見ても、強制連行で〜と言うのがほとんどありません(個人的には全く見たことないです)。どこかで私の認識が現実とは違うものに刷り込まれていたのです。それらの情報をいつ頃から、どのようにして考えの中に入れていたのか振り返ってみましたが思い出せません。私の時代(今はどうだか知りませんが)の学校教育では明治以降はほとんど教えません。いま問題となっている歴史教科書から手に入れた知識でないことは確かです。一番考えられるのが、テレビや新聞などのマスコミです。

嫌韓と呼ばれる人は少なかれ同じような経験を持っています。生まれ持っての嫌韓はいません。韓国に対して友好的な人の歴史観も以前の私と大差ありません。逆に言えば急激に嫌韓に傾く可能性もあります。私と同じような経験から。ぢぢ様のサイトのどこがおかしいか、指摘してほしいと思います。事実と違う点や偏っている点は、なるべく修正したいと考えています。偏見を持つと視野が狭くなるので、このように在日の人(knjさんを在日と呼ぶかは疑問ですが)のサイトも巡回していますが、ふつうの日本人っぽい意見しかなく、正直判断に困っています。一部刺激的な言葉を使ってすいません。しかし私の心の変化を伝えるためにどうしても必要だったので使わせていただきました。
Posted by Hnz at 2005年03月29日 02:43
knjさん こんばんは

鄭大均氏の著書「在日・強制連行の神話」に現れた
「在日一・五世」の意味とこのブログの名前から勘案し、私は
貴兄が幼少期に韓国から来日したか、民族学校で教育を
受けておられたと決め付けておりました。失礼致しました。

>Zeke32さんと事実認識に違いがあることは否定しませんが
南京大虐殺などのように捏造されたものを除き史実(=事実)
はひとつです。この史実に対してどう解釈するかが歴史観、
歴史認識であり、国家・民族により異なることは極自然なこと
です。良く引き合いに出されるが如く、安重根は日本から見れ
ばテロリストそのものであり韓国では義士として英雄扱いと
いう具合です。

日韓共通の歴史認識の構築など全く不可能と(私も)批判
しておりましたが、やはり頓挫しましたね。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050326AT1E2600F26032005.html
http://japanese.joins.com/html/2005/0327/20050327162749200.html

それとですね、水戸黄門のイラストが描かれているのは、じじ
さまの言葉から生じるイメージや正義の味方というものでは
なく、1657年 徳川光圀(=水戸黄門)が「大日本史」編纂を始め
たこと、1906年に大日本史が完成したため近代以降の日朝間の
歴史の大部分が収まらず「番外編朝鮮の巻」と名付けたと思う
のですが・・・。

私は韓国語の読み書きは出来ません。(習得するつもりも
ありません)<韓国・中国(国定)歴史教科書を徹底批判
する−歪曲された対日関係史ー勝岡寛次氏著:小学館文庫>
を読んだり、インターネット上の数多の和訳されたものをROM
したものです。その一部を例示します。
http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4094023763/
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/k-textbook/index.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6728/kyoukasho.htm?%3F+%3F%3F/
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku2/osie/130613osie_k_01.html
(12回の連載もの。URL末尾を01.htmlから12.htmlまで其々
変えれば12編全てを読むことができます)

>「看破された」というのは主語のない表現ですが、
>どなたが看破したのでしょうか。
日本語では主語を明示しない表現は多用されます。一般的に
言われていること、広く世間で認知されていること、を言い
表す場合などです。英語なら
It is said that〜とかThey say that〜という言い回しです。
本件の場合、下記ミラーサイトでの冒頭説明「優良サイトが
なぜ削除されたのか? 」をご参照下さい。
なお、「看破する」ではなく、「看做す(みなす)」です。法律用語
の意味合いで使用しました。
http://jijisama.org/
Posted by Zeke32 at 2005年03月29日 20:09
>Hnzさん
はじめまして。長い書き込みお疲れさまです。私が「大日本史番外編朝鮮の巻」に感じるのは悪意であって、事実が書いてあるかどうかではありません。書いてあることが事実かどうかをすべて検証する力も現在の私にはありません。もし、Hnzさんが、「大日本史番外編朝鮮の巻」は公正な立場からかかれたものだとお感じでいるなら、なかなか説明するのは難しいかもしれません。

>Zeke32さん
連日の書き込み、しかも長文でお疲れさまです。ニセ黄門の話は、私がこの話の冒頭でも書いたように「あんまり理論的な裏づけはない話」です。この辺りのいい加減さはご容赦ください。「看做される」と「看破される」の誤読については私の間違いです。訂正します。以下は私の個人的感想ですが、Zeke32さんは特定の立場からものを見ていらっしゃるようです。時には別のものの見方(できればネットや書物「だけ」に依存しない見方)をされてもよいのではないかと思います。
Posted by knj at 2005年03月30日 02:31
knjさん
>Zeke32さんは特定の立場からものを見ていらっしゃるようです。
>時には別のものの見方(できればネットや書物「だけ」に依存
>しない見方)をされてもよいのではないかと思います。
これはまた随分と失礼、無礼なコメントだこと。私がどうやって
知識・情報などを蓄え、現在の歴史観を構築したかを殆ど知りも
しないでこういうレッテル張りですか?

あなたは書物を主体とした知識の吸収を否定されるのですか?
言論を弾圧する韓国と異なり、日本では様々な歴史観の書籍が
溢れているんですがね。猥褻なもの名誉毀損に該当するものを
除き、韓国のような政府による発禁処分などありません。
インターネットも然りです。

あなたの言わんとするところを推測すれば・・・、
韓国人は年長者や他人から直接発せられた言辞、伝聞の信憑性
の度合いを審吟する能力がないのですか?

自分自身の頭で考えることをせず、反日教育を鵜呑みにし偏った
書物「だけ」を妄信し異なるものの見方を弾圧・封殺する(元)
韓国人側から上記のようなご意見が返ってくるとは笑止です。

「事実認識の違い」を乱発されてますが、ではknjさんが認識して
おられる事実を披露して頂けませんか。
先ず、民団の権利要求運動、政治活動について。及びその見解。
次に「大日本史番外編」のどの項が偏見による記述なのか。
事実の検証(=歴史の勉強・研究)を為さずに「悪意に満ちた、
偏見」とは何を根拠にそのように断言されたのか。Hnzさんも
お求めのようですから是非お答え頂けませんか。対象を絞る
ため、こちらから具体的に項目を挙げましょう。
1日韓併合
2三・一独立運動
3「強制連行」
4「従軍慰安婦」
1〜4のどれでも結構です。あなたの歴史観を交えて意見される
ことを希望します。これによってあなたのアイデンティティー
がどこに拠っているかも明らかになることでしょう。
最後に、あなたは小中高校は民族学校で教育を受けられたのか、
一条校(文科省の指導・監督下にある学校)で教育を受けられた
のか、どちらですか?

年度末というご多忙の時期でしょうから、どうぞゆっくり時間
を掛けて、中味のあるレスが返ってくることを気長にお待ち
致しております。
Posted by Zeke32 at 2005年03月30日 23:44
>Zeke32さん
毎日の書き込み、お疲れさまです。そんなに無礼なことを書いているとも思いませんでしたが、お気を悪くされたならお詫びします。

私は、普通の日本の学校を卒業しましたし、その旨を以前のコメントにも書き込んだつもりなのですが、ご理解いただけませんでしたか。一条校という言葉は生まれて初めて聞きました。

それから、いろいろと質問をお書きですが、申し訳ありませんが私は歴史論争につきあうつもりはありません。それほど歴史の知識もありませんし、「俺はこんな読んできた」、「ここにはこんなこと書いてあるぞ」合戦には興味がないもので。もっと別に書きたいこともありますので、そちらを優先します。
Posted by knj at 2005年03月31日 01:52
knjさん
おかしいなあ、大日本史番外編をこき下ろすという歴史認識
を日記で最初に披露したのはknjさんなんですがね。
>それほど歴史の知識もありませんし、「俺はこんな読ん
>できた」、>「ここにはこんなこと書いてあるぞ」合戦
>には興味がない
形勢不利と悟るや、精一杯の皮肉のあとに尻に帆をかけ遁走
ですか。「引かれ者の小唄」という言葉を思い出させてく
れました。

歴史の知識がないのなら、どうして大日本史番外編の記述
が偏見とか、悪意に満ちていると判断できたのでしょうか。
つくる会の歴史教科書を読んだこともないのに「過去を
反省せず戦争を賛美する極右の教科書」と皆が言ってる
からと、歯をむき出して同書を攻撃する扇動され易い無知
で民度の低い韓国人たちと同類だったようですね。

歴史には無識(知識・見識のないこと)でありながら、
他人の歴史知識習得方法と歴史観にとやかく言う厚かま
しさ。日本の歴史教科書の検定や採択に醜悪な内政干渉
を行う厚顔無恥な韓国政府とも類似性が窺えます。
幾ら役所手続きを終え国籍変更しても、血は争えないと
いうことなんでしょう。

雨後の竹の子のようにブログが開設され、(元)在日
コリアンが運営するブログが少なくないですが、玉石
混交のようです。コリアン・ザ・サードのらーさんのよう
に博識と向学心ぶりが窺われ、行間からも伝わるお人柄
も相まって好感の持てるブログもあれば、韓流を意識
したのか、ネーミングだけで客引きをする、このような
中味が薄っぺらなブログもあることが良く判りました。
あなたは(歴史論争に興味がある、ないに拘わらず)他人
との議論や意見交換を可能ならしめる資質・度量すら
お持ちあわせではないようです。

Hnzさん
>ぢぢ様のサイトのどこがおかしいか、指摘してほし
>いと思います。事実と違う点や偏っている点は
>なるべく修正したいと考えています。
knjさんという人は、あなたの真摯なご要望と前向きな
姿勢には、とてもお応えできるような方ではありません
でしたね。
Posted by Zeke32 at 2005年03月31日 23:15
>Zeke32さん
ここ数日でZeke32さんが最もコミュニケーションをとっているかもしれない相手のknjです。私は「大日本史番外編」に対して「悪意」を感じると書きました。それは、私がこのblogで書いているような在日の日常についての紹介がないことが理由です。おそらく多くの日本人の方は在日韓国・朝鮮人の日常をご存じないと思います(Zeke32さんのように、タイトルで在日2.5世と書いてあるにもかかわらず、私が韓国で生まれたと思いこまれる方もいらっしゃるくらいですから)。在日社会や韓国・朝鮮についての文章であれば、こういった日常を知らせる部分があってよいと思うのですが、そういった内容がないことに悪意を感じるわけです。

最後に少しリップサービスをさせてもらえば、コリアン・ザ・サードのらーさんに対する私の見方はZeke32さんとはかなり違います。この点については、らーさんとコミュニケーションを取る機会があれば、その時に明らかにしたいと思います。
Posted by knj at 2005年04月01日 02:07
例えば、満州事変を語る本で、現在の日本人の日常や平和憲法の記述がないと「悪意の本」になるのか?
なるわけないだろ。
勝手に義務でもない条件を付与すんなよ。
Posted by oyoyo at 2005年04月01日 20:25
あのHPは5年前の石原都知事の三国人発言をマスコミが叩いていた頃、某掲示板で発生したスレッドですよ。
当時は、blogは有りません。左翼、地球市民が圧倒していました。今でもマスコミはそうですが。
しかし、その後の知識の集積量は膨大なものとなり個人では捉えきれなくなりました。
5年間の、不特定多数の知識の集積と情報の集積が在ったのです。
WC、9.17、北の核開発と劇場型国家は注目を集める資格が在ったのです。
どうやら、韓国は国連関連で日本と敵対するようですから、今後どうなることでしょう。
同じ場所で、色々なスレッドも在ったのです。
韓国軍人との日々のやり取りとかね。
Posted by ななせ。 at 2005年04月01日 20:58
knjさん へ
>「大日本史番外編」に対して「悪意」を感じると書きました。
>それは、私がこのblogで書いているような在日の日常に
>ついての紹介がないことが理由です。
えっ〜!と、目が点になりました。「大日本史番外編」は歴史モノ
サイトです。それじゃまるで鮮魚店で「この店は野菜を何故
売ってないのか、同じ食べ物じゃないか、客に対して悪意を
もっているのか!」とイチャモンをつけているようなものです。

少なからぬ在日コリアンは、日本人名のような通称名を使用して
います。だから日本人は、たとえ職場や学校のクラスにコリアン
が居ても気がつかない。コリアンと判ったとしても、だから何?
ってな感じです。これはコリアンに対してに限らず在日中国人
フィリピン人、ブラジル人、アメリカ人に対しても同様です。
個人的に親しい間柄になったり、概念的に特定国に憧れたり
親近感を持って初めてその国の人の生活慣習や文化に興味を
抱くものです。

自分たちの日常生活のことを(日本人は)もっと知るべきだ、
と求めることはあまりに自己顕示欲が強すぎやしませんか。
しかもジャンルが異なるサイトにまで求めておられるとは
「自己中心」という感想を抱かずにはおられません。

電通やメディアが火をつけ煽っている「韓流」を、全ての日本人
が歓迎しているとか、内閣府の(恣意性が顕著な)外交に関する
世論調査を鵜呑みにして、日本人の56.7%が韓国に「親しみを
もっている」と思い込むのは早計でしょう。
http://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-gaikou/2-1.html

韓国嫌いな日本人が老若男女全てに亘り、相当数いるという
現実を認識すべきです。何故韓国嫌いになったか、それなりの
理由があります。その理由を韓国人は全く理解していません。
韓国嫌いな人達にとってコリアンの日常生活など全く関心が
なく、半島へ帰れ!という極論が出るほどに共生を拒みます。
反日国家のひとつ中国籍の永住権を取得した在日中国人に
向け大陸へ帰れ!という罵声をあまり聴きません。この違い
は何か、在日コリアンは考えてみる必要があるでしょう。

もうひとつズバリ言いましょうか、在日韓国人は本国から
棄民扱いされているのですよ。

先日のTVタックルでの西村眞悟氏の発言が蘇ります。
「日本人は、実は韓国人が嫌いなんだよ。韓国は日本を
嫌っている。だが日本人はどうなんだ?これだけ恨まれて
もね、まだ韓国人が好きですと言っておかないかんのか!
わが国のやった歴史はそれほどね、悪いことをやった
歴史なのかと」
Posted by Zeke32 at 2005年04月01日 22:54
>oyoyoさん
はじめまして。なぜ満州事変の話がでてくるのか私には分かりませんが、「大日本史番外編」には現在についてふれた部分もあると思います。

>ななせさん。
はじめまして。大日本史番外編のそもそもきっかけ、初めて知りました。特に後段、もう少し、普通の言葉で書き込んでいただけると分かりやすかったです。

>Zeke32さん
大日本史番外編については、oyoyoさんへのコメントで書いたので省略します。

>自分たちの日常生活のことを(日本人は)もっと知るべきだ、
>と求めることはあまりに自己顕示欲が強すぎやしませんか。
>しかもジャンルが異なるサイトにまで求めておられるとは
>「自己中心」という感想を抱かずにはおられません。
この指摘は重要ですね。別に知るべきだ、と書いたわけではなく、もし在日や韓国・朝鮮に関心があるのなら、日常や生活についての記述があるのが当然ではないかと思うわけです。ところが、そういったものへの記述はない。そこに私は悪意を(大日本史番外編を作ったり複製したりしている人たちは無意識かもしれませんが)感じるのであって、別に自己顕示でも自己中心でもないと思いますが。

>韓国嫌いな人達にとってコリアンの日常生活など全く関心がなく、
>半島へ帰れ!という極論が出るほどに共生を拒みます。
これはZeke32さんを含むのですか。であれば、Zeke32さんが在日や韓国・朝鮮が嫌いになった個人的体験についてお話ししてみませんか。毎日のように長文の書き込みをされているようですから、お時間はそれなりにおありでしょうから。
Posted by knj at 2005年04月03日 12:04
knjさん
>なぜ満州事変の話がでてくるのか私には分かりません
ということは、なぜ鮮魚店の話がでてくるのかも判らないん
でしょうね。【比喩】という言葉の意味をお手持の国語辞典
で調べてごらんなさい。

>「大日本史番外編」には現在についてふれた部分もあると
>思います。
いやあ、このレスにも目が点になりましたね。「〜と思います。」
とは、あなた大日本史番外編を全然読んだことないでしょう。
なぜ悪意あるかとのお粗末な詭弁に??と感じましたが、偏見
については何等説明がなかったですよね。歴史に無識なら特定
の記述を偏見と判断できる(その人にとっての)正論的基準が
ないわけなんです。つまり、ご同胞から「大日本史番外編は、
とんでもないサイトだ」と聞きかじっただけでラベリングを
したということなんでしょう。

>別に知るべきだ、と書いたわけではなく
大日本史番外編を読む人間は、コリアンの日常生活に関心は
ありません。関心があれば、そのような記述・紹介があるサイト
や本をあたります。ジャンル違いのサイトにまで「在日や韓国
朝鮮に関心があるのなら日常や生活についての記述があるのが
当然」と主張しておられるのですから「知るべきだ」と意見して
いることと同義なんです。私の前回のレスをしっかり読んで
欲しいなあ。

>別に自己顕示でも自己中心でもないと思います
【自己顕示】自分の存在を目立たせ、他人の注意をひくこと。
→自意識過剰から関心もない人間にまでコリアンの日常生活
 を知らしめようと欲し、ジャンル違いのサイトにまでそれ
 を求めてアピールしようとすること。

【自己中心性】物事を自分を中心にしてとらえ、他人を考慮
       しないこと。
→日韓の歴史を記述するならコリアンの日常生活も記述すべき
 とあなたの偏屈した考えを中心にしてとらえ、(コリアンの
 日常生活に)関心のない他人を考慮しないこと。

今までの遣り取りで判明したこと。knjさん、中・高校と現代国語
「も」得意ではなかったんでしょう。

>この指摘は重要ですね。
もっと遥かに重要な指摘、コメントをしたのですがスルーですか
それとも読解がおできにならない?それらに対する考察を記す
だけでも日記になるんですがね。 深みも面白みも全然ない
薄っぺらな4月1日のジョーク日記より遥かに有意義かと・・・。

>在日や韓国・朝鮮が嫌いになった個人的体験について
>お話ししてみませんか。
普通の読解力と、韓国問題に対して一般的な知識があれば、
今までの私のレスから読み取れるはずです。
あなたのワンパターンのコメントを拝借するなら、
「個人的体験については、機会があれば、その時に明らかに
したいと思います。」
Posted by Zeke32 at 2005年04月03日 19:40
>>kjnさん
おそらくkjnさんは「大日本史番外編」について、在日(南北朝鮮)の悪い面しか書かれていない、
しかし、良い面(在日の平素の生活等)にも焦点を当てるべきだと仰りたいと理解します。

ただ、じじさまのサイトについて言えば、いま南北朝鮮が主張する「日帝時代」の「残虐非道」な行いや、「強制連行」で連れてこられたと主張する在日の人の主張への反駁からきているサイトです。真の「日韓友好」を見直すサイトでもなければ、いたづらに在日の人を「叩く」サイトでもありません。
私も歴史学者ではありませんので、細かい部分を検証する能力もなければ時間もありませんので、じじ様のサイトの主張が100%真実かどうかは判りません。ただ、それなりに信じるに値するサイトだとも思っています。
Posted by Hnz at 2005年04月04日 10:08
>このblogをお読みのみなさんへ

このblogの紹介の文章を少し変えようと思って、blog全体を再構築してみたら、白い画面になっていたこの話が元に戻っていました(タイトルの下にある紹介文の「在日2.5世帰化人の時々なblogです」のblogの後に、「〜ブログ〜」を加えました。在日+blogでここを訪れる人も多いので、カタカナを加えて検索エンジンで調べやすくしました。これが変更の目的です)。

もう少し白い画面のままでもいいかと思っていたのですが、元に戻った以上、私の力ではもう白い画面にすることはできません。とりあえず、この話を、読んだりコメントを書き込んだりしたかったみなさん、お待たせしました。

もう少し白い画面のままでいいかと思っていた理由は、上にもコメントを書き込んでいらっしゃるZeke32さんとのやりとりが理由です。現時点までのZeke32さんの態度について、私は納得していませんが、もう白い画面に戻すことはできませんし、話を非公開あるいは削除することもおかしな話だと考えます。

Zekeさんとのやりとりについては、「私が通称名を捨てなかったある瞬間を思い出す」(http://pknj.seesaa.net/article/2758981.html)のコメント部分を読まれれば分かります。興味のある方はお読みください。あまり愉快なやりとりではありませんが。
Posted by knj at 2005年04月12日 09:37
淡々とした事実を書き連ねただけのサイトであっても、
それが普段隠蔽されていることに救いを求めて
いたり、あるいは暴かれたくない事実で
あったり、そーっとしていてほしい恥部であると
感じている人にとっては、あのサイトの存在は
「悪意がある」と思われても仕方がないかも
しれません。

それはもちろん憶測です。

ですが、そう憶測されても仕方ないですよ。
具体的な反論をずーっとせずに、それ以外
のところでぐだぐだしたやりとりを続けるのは。。

もうちょっと踏み込んで、あの部分が自分の
伝え聞いたところと違う、とでも言ってくれれば
ぢぢ様サイトの検証という、右な人にとっても
左な人にとっても、望むべき事態へとなると
思います。

僕もあのサイトは何度か読みましたが、ふむ
ふむなるほどと思うこともあれば、あまりに意外
すぎて素直に信じられないこともあります。
有名であるがゆえに、検証作業が必要な
サイトであると思うのです。
そう思ってるのは多分僕だけではありません。
ここにコメントを書いている人も多分同じだと
思います。
だからこそ、検証までいかない単なるいちゃもん
レベルの批難に対して、ちょっと残念に
思ってしまいます。

もしかしたらknjさんには重荷かもしれませんが、
もし、具体的な疑問点が一つでもあるなら
がんばってほしーなーとちょっと思います。
僕はknjさんに賛成でも反対でもありません。
あの有名なサイトで語られている「事実」
に対して、どこまで信じていいのか迷っているだけです。
悪意といった抽象的な点には興味ないです。
興味があるのは「事実」だけです。。。
Posted by やまじ at 2005年04月14日 00:36
まず言っとくけど俺は先祖からの日本人どえす。

先月偶然ある在日ブログのひとつ『だにえるの一言』を知り何回か投稿もしました。
そこからここへ飛んで来たんですが…。


中立公平な第三者(とみなされる人)の意見の
全体の要約ではない、一部分のみを取り出し
自己の主張の補強を諮る


という手法は、聞いた者の心に

バレたとたんその主張全体の信頼性を損ない
そればかりか
その人格さえ不信を感じさせる

との圧倒的に不利な結果を生じるかも知れません。

沖縄サンゴ事件なんて無から有を生むなんてのは論外だけど。
Posted by gerogero at 2005年06月05日 15:53
>gerogeroさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

>中立公平な第三者(とみなされる人)の意見の
>全体の要約ではない、一部分のみを取り出し
>自己の主張の補強を諮る

私はそういったことはしていないつもりです。
Posted by at 2005年06月07日 10:08
書き忘れましたが、上のコメントは私です。
Posted by knj at 2005年06月07日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2643679
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。