2007年05月28日

ある元在日韓国人家庭のお茶の話を書いてみる

今もお茶を飲んでいるのだが、今回はお茶の話について書いてみる。
少し前に「花の話から二人の中川さんを思い出した」という題で、
花に関連した話を書いた。
花を書いたからお茶というわけではないが、書いてみる。 

今、私が飲んでいるのはジャスミン茶だ。
コンビニエンス・ストアで売っているペットボトル入りのものだ。

普段飲むのは、ジャスミン茶かウーロン茶が多い。
実家で飲むことが多いのは麦茶である。
今はできあがりの麦茶を買ってきているようだが、
昔は家でお茶を沸かしていた。

子供のころ、ほとんど飲む機会がなかったのが日本茶だ。
在日韓国人家庭だったので、日本茶を飲む習慣がなかったのだろうか。
理由は分からないがとにかくそうだった。

別に私は日本茶は嫌いではない。
ペットボトル入りの日本茶を買うこともあるし、
出されればおいしく飲んでいる。
ただ、焼酎の緑茶割りを飲んだことはない。

落ちにもならないが書いておくと、一番好きなのはジャスミン茶。
体にいいのかわからないが、ジャスミンの花茶も好きである。

ここからはコメントに関するお願いです。
最初にコメントを書かれる際には、
自己紹介を一緒に書いてもらえないでしょうか。
年齢とか、学生なのか社会人なのか、簡単な考え方とか、
なぜ在日に興味を持つのかとか、そういったことです。
ご自身のblog、ブログがあるなら紹介してもらえるとありがたいです。

理由は、私がこのblog、ブログへの関心を高めることができる、
という個人的なものです。
とりあえずしばらくは継続したいので、皆さんのご協力をお願いします。
コメントの内容をさらに深く理解するヒントにもなると思います。

もちろん、無理に自己紹介をお書きになる必要はありません。
その場合は、書きたいことだけをお書きになってください。
あくまでも私からのお願いです。よろしくお願いします。

また書き込む際の名前は同じにしてもらえるとありがたいです。

いろいろな話を書いています。よければほかの話も読んでください。
posted by knj at 07:44| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>子供のころ、ほとんど飲む機会がなかったのが日本茶だ。

 在日の韓国のご家庭に、始めて招ねかれた時、温かい麦茶をタップリ頂きました。
それから家庭教師が始まり、行く度に、食事の度に、夏も冬も麦茶を頂き、いつでも麦茶がある事を知りました。
 教える子供の兄弟も、小さな大勢の従兄妹達も、美味しそうにあたり前のように麦茶を飲んでいたのが印象的でした。
 そのご両親やご親戚に迎えられるのも、子供達の顔を見に行くのも楽しみな一時期、日本の家庭とは何かが違う、おおらかさと心の暖かさの中にいることができました。

 父は、無類のお茶好きで、毎年、静岡まで新茶を買いに行き、帰ってくると大きな茶箱の蓋を開けて、家中にお茶の匂いを漂わせながら、「これはあそこに。これはあそこに・・。」と、袋や缶に小分けにするのが、初夏の私の家の風物詩だったかもしれません。

 友人が、国籍を教えてくれて、だいぶたった時、「普段、何を食べているの?」と、聞いた事があります。
「何って、普通の。」「普通って、フライやカレーやハンバーグ?」「それも食べるよ。韓国の海苔知っている?」「海苔あるの?」「あるよ、味が付いていて美味しいよ」「味って、味付け海苔みたいなの?」と聞いた事があります。

 knjさんの麦茶の話しのついでに、身近に在日の韓国の友人がいるのに何も知らなかった頃、こんな会話があった事を思い出しました。
Posted by 花 at 2007年06月02日 14:21
>花さん
いつもコメントありがとうございます。
Posted by knj at 2007年06月14日 09:26
knjさん
 先のコメントを書きながら、私達日本人は、お隣の大事な国なのに、韓国の事を知らないなと、つくづく思いました。
 
 私は、アメリカ人やイギリス人がステーキをフォークとナイフで食べ、ハンバーガーやホットドッグ、サンドウィッチを食べ、スープやコーヒー、紅茶を飲み、インド人はカレー味の料理を手で食べる(全てではないのは承知しています)と、小学生の頃から知っていたのです。韓国よりもっともっと遠い国なのに、この現実おかしいですよね。ポパイとかTVの映像か童謡(赤い靴とか人形の兵隊とか)で知っていたのかもしれませんね。
 その頃から、私にとって、朝鮮・韓国は外国の一つとして知っていたのですが、麦茶は日本の夏に飲むだけかと思っていましたので、韓国でも麦茶を飲むとか海苔が韓国にある事もおコメを主食にしている事さえ知らずにいたのです。歴史を知ってから何年も後、なんと社会人になってから10年以上も経って、家庭教師をしてからそれらの事を始めて知ったんです。
 キムチは知っていましたが(私は、きゅうりの塩もみ意外、日本の漬物は殆どだめ)、初めて食べたのも、韓国の家庭料理を食べたのもその頃なんです。胡麻の葉のナムル(?)が特に好きでした。今でも時々食べたくなります。他にも、ビビンバの美味しさに驚かされ、老鳥ともち米のお粥(もしかしたらサムゲタンですか?)は、余りの美味しさに、これ以上お腹入れたら破裂しそう・・、私の人生最多の食べ過ぎをしました。トックを食べた時はこんなに美味しいお餅を韓国の人は食べられて幸せだなと思いました。etc・・・。
 今頃?と笑われるかもしれませんが、子供の頃からもっと自然に在日の韓国のお友達ともたくさん遊んでいれば、韓国のこともたくさん知れたはずなのに、近所の子は学校が違っていたし、私は一緒に遊びたくても、もっと話したくても、避けられていたのかもしれませんね。ウラを返せば、避けたくなるほど傷つけられていたのかもしれないし・・。
 
 子供の頃から、同じ学校に在日の韓国の子供達がいたら、自然に仲良くなって、お互いを自然に知って、日本の文化や歴史を知るように、ローマ帝国やギリシャ時代を知るように、新羅や高句麗、百済を知って、唐や隋や明を知って、そこの文化と日本を知って、アジアを知って、違う民族の友達とも出会いを喜べて、人の暖かさを知って、信頼し合って、お互いの人生が豊かになればいいですね。歴史の事実を知るのはそれからでも遅くはないかも・・、と。
 お茶の違いから、こんな事を考えさせられました。

 ペットボトルより、ご自分でお入れになったほうが、安くて美味しくないですか?体にもいいし。おせっかいですみません。(*_*;
Posted by 花 at 2007年06月18日 01:32
>花さん
またしてもコメントありがとうございます。

私もほとんど韓国のことは知りません。何年かのうち行ければと思っています。

私は辛いものが苦手です。赤かぶの漬け物とかべったら漬けをつまみに酒を飲むこともあります。

最近、中国の花茶?を買いました。これを耐熱ガラスのコップに注ぐとなかなかに気分が出て、自分では気に入っています。

まとまりのないコメントですが、今後もよろしくお願いします。
Posted by knj at 2007年06月21日 12:21
>knjさん
こんにちわ。

 花の回数が多いので、遠慮をしていたのですが、もし、苦情があったらすぐに教えてくださいね。m(__)m

>私は辛いものが苦手です。赤かぶの漬け物とかべったら漬けをつまみに酒を飲むこともあります。

すご〜い!漬物でお酒ですか!
私の赤かぶの思い出。
 あるお稽古の先生宅へお正月のご挨拶に伺った時、お寿司と鰻とおせちと、その赤かぶのつけものが並べられ、うわぁ困ったと内心思ったので手を付けずにいると、「赤かぶが美味しいから・・・。」「漬物余り好きじゃないから・・・」と、そうっとお断りしてもさらに
「そんなこと言わないで、これは特別美味しいから・・・」。食べなきゃ人間じゃないみたいに思われそうで、とうとう隅のほうから箸を付け、口に入れたのです。
口中に漬物独特の感じがして、必至でゴクゴクっと素早く噛み砕いて、一気に飲み込み、やれやれと思いながら、お吸い物かお茶を飲んでいたら、「貴方、いつもそんなに早く食べるの?みっともないからもっとゆっくり食べなさい」って言われてしまいました。だからいらないって言ったのに、と思ってもそうも言えず、それ以後、好きじゃない物は、絶対に最初から断ることにしました。あんまりよね。

 キムチを出された時も、一瞬困ったのですが、サンチェ(?)と焼肉に包んでくれたので、思いきって食べて見たら、肉とのバランスが良くて、何度も食べました。キムチチャーハンも美味しかったぁ〜。でも、やっぱり漬物の仲間なので、単独では、私からは手がでません。キムチが大好きな従姉と私はよく一緒に旅行をしますが、食べ物に関しては助けてもらっています。
 私が私を一番嫌いなところは、漬物と虫が大嫌いなこと、夏になると泣きたいほど怖くてしょうがない。(カブトムシは別格です)

>中国の花茶?を買いました。これを耐熱ガラスのコップに注ぐとなかなか・・・・。

ペットボトルばかりではないので、安心しました。

>私もほとんど韓国のことは知りません。何年かのうち行ければと思っています。

 今週末に、仕事をかねてまた韓国に行って来ます。人々の伸びやかな感じと日本にない贈り物の仕方が好きなので、リボンと美味しい海苔(昨年始めて行って、少々高いのですが絶品を見つけました!)を買うのが楽しみです。その海苔を食べたいから行く事にした!と言うのが本音かも知れません。

 最近仕事が一段落したので、羮尚中さんの「在日」を読みました。
もし、長くなってもよろしければ、落ち着いた頃、日本人の一人として感じたことを書かせて頂いてもよろしいですか?


Posted by 花 at 2007年07月03日 01:53
>knjさんこんばんわ。

>最近、中国の花茶?を買いました。これを耐熱ガラスのコップに注ぐとなかなかに気分が出て、自分では気に入っています。

暑い日が続きますね。
花茶は、まだ楽しんでいますか?
私は韓国の海苔と冷たい麦茶を楽しんでいます。

 先に、『羮尚中さんの「在日」を読みました。日本人の一人として感じたことを書かせて頂いてもよろしいですか?』と書いてしまったのですが、本来なら、自分のブログとかHPに書くべきではと気が付きました。またもや失礼いたしました。

 一番感じたことは、在日の方々が厳しい情況の中でも生活やご自身の基盤をしっかり立てようとされている頃、同じ日本に住んでいながら、しかも近くに在日の方とのかかわりがありながら、私は、何も知らずにあたり前のように与えられた条件の中でのんびり暮らしていたのか、ということです。

 これからHPやブログを始めてみようかと、少しずつですが準備を進めています。

>今後もよろしくお願いします。

先に、このように書いて頂き有難うございます。こちらこそ宜しくお願い致します。






Posted by 花 at 2007年08月05日 20:32
knjさん、こんにちは。
久しぶりに「花」です。

このブログを読み始めてから、色々な情況に眼を向けることができるようになり、楽しみにしていましたが、もう、更新はなさらないのでしょうか?
認証コードの扱い方を試すつもりで、コメントを書かせて頂きました。
Posted by 花 at 2008年05月18日 01:17
>花さん
お元気ですか。お返事が遅れ、重ね重ね申し訳ありません。できる範囲で更新していきたいと考えています。
Posted by knj at 2008年12月31日 14:54
大学時代、羮尚中は韓国語が日本人学生より下手だったとか。
授業を蔑ろにして教授に叱られ、九州のヒヨコ饅頭持参し教授にすがって謝っていたとか。w

薄っぺらな男だったとか。
Posted by ヒヨコ饅頭 at 2013年05月31日 22:23
羮尚中、今夜(5/31)NHK番組で息子の自殺と自著、東北震災被災者を絡めてお涙頂戴話し。

親父の薄っぺらな天に唾する偽善と、現実のギャップに心を痛めたであろう息子の死に至った理由を未だに悟らず、息子の死すら売り物にする。

生まれた国に誇りをもち、生まれた国を愛する事を教わらず、親父の侮日反日教育の屈折した環境下で育ち韓流の自殺を選択した息子。
ただただ、哀れ。
Posted by ヒヨコ饅頭 at 2013年05月31日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43103903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

麦茶への思い
Excerpt: 味にうるさい5歳の息子が、「この麦茶がおいしい」というので、いろいろ比べていましたが、お値段もお手ごろなこちらをお願いしています。最近浄水器が壊れてしまい、自家製麦茶を作るガス代や手間も考えると、こち..
Weblog: 日本茶がいいと思う
Tracked: 2007-07-30 21:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。